ぼび太のシンプルFX

この記事は、1週間分の各通貨ペアのトレード情報を紹介した解説ブログになります。なるべく初心者の方にも分かりやすいように説明しているので、是非参考にして下さい。

ドル円 来週の見通し

FOMC議事録の内容が材料視されてから1週間。そろそろ一服感が出てきた感じがします。 今週は、ドル円自体に大きな報道はなく、引き続き各連銀によるコメントくらいだったもの。 なので、一旦落下調整に入るかなぁと思いきや、クロス円による円売りに支えられ…

豪ドル円 来週の見通し

RBA理事会議事録の内容や、原油高で資源国通貨の買いの増加、ロックダウン解除が発令されるなど、一気に豪ドル買いの流れになっている今週の豪ドル円相場。 オーストラリア国内は、withコロナを目標に、今後はワクチン接種の更なる増加を目指した評価に、今…

豪ドルドル 来週の見通し

豪ドル円よりも上昇が未だ鈍い今週の豪ドルドル相場。今は円売りが強いだけで、豪ドル円に吊られて、豪ドルドルは上昇している状態。 円売りがなくなれば、確実に米ドル買いになるので、豪ドルドルは落下する見方でいます。 ただし、今はテクニカル分析上は…

豪ドルドル 来週の見通し

FOMC議事録の内容で、米ドル買いの流れになると思いきや、豪ドル円の上昇により、豪ドルドルも下げる事なく、クロス円程ではないが、徐々に上昇となっている今週の豪ドルドル相場。 8月以降、豪国内でコロナウイルス感染拡大が懸念されてきた中、徐々に落下…

豪ドル円 来週の見通し

オーストラリア国内では、コロナ感染が拡大されているにも関わらず、豪ドル買いになっています。一体何故? 理由はもちろん!先週お伝えした通り、原油高になっているからです。加えて、FOMC議事録での米テーパリング実施に向けた、前向きなコメントで円売り…

ドル円 来週の見通し(エリオット波動C波でブレイクアウト)

やっぱり上昇した今週のドル円相場。原油高の影響で円売りとなり、トドメのFOMC議事録での米テーパリング実施予想。 米雇用統計が落ち込んだにも関わらず、米テーパリングに前向きなコメントが、おそらくサプライズになったのでしょう。 さて!来週は、目新…

ドル円 来週の見通し(米消費者物価指数に注目)

米テーパリングが濃厚とされながらも、実際の所は、未だに不透明な展開で、もしかしたら、今回の米雇用統計の悪化をきっかけにズルズル落下してしまいそうな今週のドル円。 まぁ〜雇用統計だけが、米テーパリングの判断材料ではなく、来週発表となる米消費者…

豪ドル円 来週の見通し(豪雇用統計に注目)

オーストラリア国内のロックダウン拡大が影響した事もあり、今後の豪経済指標が悪化する予想がでている豪ドル。 しかしRBA理事会の声明文は、それ程ハト派よりの発言ではなく、もしろタカ派よりの発言であった事や、原油減産を維持した事により、資源国の通…

豪ドルドル 来週の見通し

今週の豪ドルドルは、FOMC会合で上昇すると思いきや、中国関連の報道で、豪ドルが売られる展開となりました。 来週も、FOMC会合の材料が一服すれば、中国関連で、再びリスク回避の動きになりやすい事から、豪ドルを買いづらい状況になると見ています。その辺…

豪ドル円 来週の見通し(久しぶりの中国関連でリスクオフ)

中国恒大集団の負債問題が一服し、FOMC会合の結果により、一旦買い戻しの展開になっている豪ドル円。 来週はどんな動きになるのか? メインテーマは何なのか? 今後の豪ドル円はどうな動きをするのか? FOMC会合が終わったので、改めて分析していこうと思い…

ドル円 来週の見通し(3.5兆ドル歳出法案に注目)

長いレンジ相場が続いているドル円相場ですが、今週のFOMC会合の内容により、上昇が目立った週となりましたね! 今後も、FOMCの期待を寄せながらの相場展開となりそうですが、今ニュースでも話題の中国恒大集団のリスク要因が、ドル円の上昇に抵抗する材料と…

ドル円 来週の見通し(FOMC会合に注目)

来週はFOMC会合に注目が集まりまりますので、当然ながら今週報道された内容を元に、市場が動いている事は間違いなし! 先週までの報道では、9/23のFOMC会合でテーパリングの期待は薄いとされていましたが、明確な答えは出ていません。 米テーパリングの行方…

豪ドル円 来週の見通し(FOMC会合に注目)

来週の豪ドル円は、FOMC会合に警戒が集まります。 現状のFOMC会合での米テーパリング実施の可能性は薄いと見ていますが、FOMCでパウエル議長が今後のプロセスを公表されるみたいなので、そこら辺が少し気になる所です。 さて、FOMC会合前にダウ先物の落下に…

豪ドルドル 来週の見通し

来週の豪ドルドルは、豪ドル円同様に、FOMC会合の内容に注目が集まります。 米テーパリングの可能性は薄いものの、パウエル議長の今後のプロセスの内容が気になリますので、そちらにも注目を置いています。 それと、FOMC会合だけではなく、ダウ先物チャート…

ユーロ円 来週の見通し(ユーロ消費者物価指数に注目)

今週は、ECB理事会でのタカ派的な発言と、予定通りの資産購入ペースの縮小を実施した事により、ユーロ経済の安定が表面化してきた内容でした。 コロナ感染状況は依然増加傾向にあるかもしれませんが、ここから減少傾向になれば、今後のユーロ円の上昇が期待…