ぼび太のシンプルFX

この記事は、1週間分の各通貨ペアのトレード情報を紹介した解説ブログになります。なるべく初心者の方にも分かりやすいように説明しているので、是非参考にして下さい。

豪ドルドル 来週の見通し

今週の豪ドルドルは、FOMC会合で上昇すると思いきや、中国関連の報道で、豪ドルが売られる展開となりました。 来週も、FOMC会合の材料が一服すれば、中国関連で、再びリスク回避の動きになりやすい事から、豪ドルを買いづらい状況になると見ています。その辺…

豪ドル円 来週の見通し(久しぶりの中国関連でリスクオフ)

中国恒大集団の負債問題が一服し、FOMC会合の結果により、一旦買い戻しの展開になっている豪ドル円。 来週はどんな動きになるのか? メインテーマは何なのか? 今後の豪ドル円はどうな動きをするのか? FOMC会合が終わったので、改めて分析していこうと思い…

ドル円 来週の見通し(3.5兆ドル歳出法案に注目)

長いレンジ相場が続いているドル円相場ですが、今週のFOMC会合の内容により、上昇が目立った週となりましたね! 今後も、FOMCの期待を寄せながらの相場展開となりそうですが、今ニュースでも話題の中国恒大集団のリスク要因が、ドル円の上昇に抵抗する材料と…

ドル円 来週の見通し(FOMC会合に注目)

来週はFOMC会合に注目が集まりまりますので、当然ながら今週報道された内容を元に、市場が動いている事は間違いなし! 先週までの報道では、9/23のFOMC会合でテーパリングの期待は薄いとされていましたが、明確な答えは出ていません。 米テーパリングの行方…

豪ドル円 来週の見通し(FOMC会合に注目)

来週の豪ドル円は、FOMC会合に警戒が集まります。 現状のFOMC会合での米テーパリング実施の可能性は薄いと見ていますが、FOMCでパウエル議長が今後のプロセスを公表されるみたいなので、そこら辺が少し気になる所です。 さて、FOMC会合前にダウ先物の落下に…

豪ドルドル 来週の見通し

来週の豪ドルドルは、豪ドル円同様に、FOMC会合の内容に注目が集まります。 米テーパリングの可能性は薄いものの、パウエル議長の今後のプロセスの内容が気になリますので、そちらにも注目を置いています。 それと、FOMC会合だけではなく、ダウ先物チャート…

ユーロ円 来週の見通し(ユーロ消費者物価指数に注目)

今週は、ECB理事会でのタカ派的な発言と、予定通りの資産購入ペースの縮小を実施した事により、ユーロ経済の安定が表面化してきた内容でした。 コロナ感染状況は依然増加傾向にあるかもしれませんが、ここから減少傾向になれば、今後のユーロ円の上昇が期待…

豪ドルドル 来週の見通し(消費者物価指数に注目)

豪ドルドルも豪ドル円同様、RBA理事会でのロウ総裁の発言により、短期的な豪ドル売りが目立っています。 来週も、豪雇用統計や中国の経済指標、更には9/23のFOMC会合の材料にもなる、米消費者物価指数や米小売売上高の発表があるので、気を抜けない展開にな…

豪ドル円 来週の見通し(豪雇用統計に注目)

今週発表されたRBA理事会の結果は、政策内容自体は、どちらかと言えばタカ派スタンスですが、その後の声明文では、今後の景気後退を表す発言ばかりでした。 その結果、短期的に豪ドル売りの展開となっています。 来週も豪雇用統計を中心とした経済指標が並び…

ドル円 来週の見通し(米消費者物価指数に注目)

今週のドル円は、9/23に控えるFOMC会合待ちの為、短期的にも方向感のない相場となっています。 来週もFOMC会合が開催されるまでは方向感がない相場となりそうですが、若干下げトレンドになっている事や、FOMC会合での警戒から、下目線が優勢?という感じで見…

ユーロドル 来週の見通し(ECB理事会に注目)

来週のユーロドルは、ユーロ円と同様、ECB理事会に注目が集まります。ただ、今週の米雇用統計の悪化で、月曜日の夜に、毎回報道が流れるFRBメンバーのネガティブ発言には注意していきましょう。 それでは、ECB理事会とFOMC会合の動向も含め、来週のユーロド…

ユーロ円 来週の見通し(ECB理事会に注目)

来週のユーロ円の注目材料は、ECB理事会にあります。もちろんFOMC会合にも、引き続き注目が集まりますが、開催日は再来週なので、まずは、直近のECB理事会に注目しましょう。 また、世界第2位の世界通貨ですから、それなりに他の通貨ペアも吊られる恐れがあ…

豪ドルドル 来週の見通し(RBA理事会に注目)

来週の豪ドルドルの注目材料は、RBA理事会になります。 もちろん米雇用統計の悪化で、9月の米テーパリング実施期待が薄くなってきた事により、米ドル売りのリスク回避材料もありますが、FOMC会合は、9/23という事で、まずはRBA理事会に注目していきましょう…

豪ドル円 来週の見通し

来週の豪ドル円は、米テーパリングの行方を気にしながら、火曜日に発表となるRBA政策金利に注目していきましょう。 多分、RBA政策金利では、ネガティブ要素な発言が飛び出すでしょう。 それではRBA政策金利をメインに、来週の豪ドル円相場の見通しを、ほび太…

ドル円 来週の見通し(一旦米ドルの買い戻しの動きに注意!)

今週発表となった米雇用統計ですが、これで米テーパリングを実施するのか?と思わせるくらいの悪化となってしまいました。 市場もこの結果で、今年中のテーパリング実施が適切!と判断したパウエル議長の発言に、今後、疑いを持つような相場展開になる予感。…

豪ドルドル 来週の見通し(ジャクソンホール会合がポイント)

豪ドルドルも豪ドル円同様、オーストラリア国内のコロナ感染者の増加により、リスク回避の豪ドル売りが加速。 その為、現状、豪ドルを買う材料がない以上、引き続き下目線で見るしかありませんが、来週はジャクソンホール会合があります。 そのジャクソンホ…

豪ドル円 来週の見通し

オーストラリア国内におけるコロナ新規感染者数は現在700名程で、過去最高のコロナ感染者となっています。 その為ロックダウンが延長し、今後の経済悪化が予想される事から、豪ドル売り/米ドル買い。 加えて、日本緊急事態宣言で日経225の落下。その影響で円…

ドル円 来週の見通し(ジャクソンホール会合に注目)

日本緊急事態宣言で日経の暴落がメイン材料となった今週の相場。 ですが、ドル円の落下は限定的。何故? それは、やはり米テーパリングの期待が絡んでいるからでしょう。 その米テーパリングについて、今週FOMC議事録で話し合われた結果、ハト派なのかタカ派…

ユーロ円 来週の見通し(米テーパリングがポイントに)

ユーロにとって、今週は静かな相場展開になりました。 まぁ〜容認発言等が限定的でしたし、特に重要となる経済指標がなかったのが原因でしょう。 今後ユーロにとってポイントになりそうなのが、米テーパリングの行方、それから9月に政策内容を見直すと公表し…

豪ドルドル 来週の見通し(一旦落下は終了)

コロナ感染拡大の影響で、リスク回避の豪ドル売り。一度は期待が薄れた米テーパリングも、米雇用統計の進展により、再度期待されてきたことによる米ドル買い。 この状況から、当然豪ドルドルの落下が優勢。 ただRBA理事会が、この状況にも関わらず、まさかの…

豪ドル円 来週の見通し(来週は揉み合う可能性がアリ!)

ロックダウンの延長が余儀なくされている現状のオーストラリア。 今週のRBA理事会の政策内容には、コロナ感染拡大のリスクとは関係なく、今後の進展に向けた資産購入ペース縮小という事で、少し安心からの豪ドル買いが入りましたが、上値が思い展開。 多分市…

ドル円 来週の見通し(引き続き、下目線を予想)

一度はパウエル議長の慎重姿勢で、テーパリングが遅れる見方とされましたが、米雇用統計の力強い進展があり、再度9月のテーパリング実施が浮上してきました。 その結果、今後の期待から、米ドル買い圧力が増すとは思いますが、テクニカル分析上、円も買われ…

ユーロ円 来週の見通し

ユーロにとっては、9月に開催されるECB理事会が材料となり、その間は、経済指標とコロナ感染状況で相場が動く予想をしている8月のユーロ円。もちろん、米テーパリングの状況確認も大事な材料となりますので、ECB・FRBの報道に注視していきましょう。 ただし…

豪ドルドル 来週の見通し(RBA理事会に注目)

豪ドルドルも豪ドル円と同様に、RBA理事会に注目が集まります。 また、米経済に回復傾向がある事から、来週から重なる米重要経済指標の進展に期待されていますので、豪ドル円以上に豪ドル売りが加速する見方でいます。 それでも、豪ドルドルの落下は、短期的…

豪ドル円 来週の見通し(短期的に、来週は最後の落下になるでしょう。)

来週、豪ドル円の注目材料は、やはりRBA理事会での今後の量的緩和についてのロウ総裁の発言でしょう。 今回はデルタ変異株の感染拡大により、ロックダウンの延長で、経済に悪影響が出る可能性がある事から、資産購入ペース縮小時期が長引くだろうと、市場は…

ドル円 来週の見通し(上昇の勢いがないドル円)

落下が濃厚とみているドル円ですが、来週は重要経済指標が重なる週となるので、積極的なショートエントリーは控えた方が良いでしょう。 それでも、上限が111円近辺と予想しているので、仮に経済指標の進展があれば、上昇した所を戻り売りで攻めていこうと思…

ユーロドル 来週の見通し(1.17のサポートラインに警戒)

米テーパリングを示唆した以降から、ユーロドルの上値が重い展開となっている今日までのユーロドル相場。 ただECBの戦略見直しにも、あまり反応がない以上、6月中旬、唯一ユーロドルの落下要因となったFRBのテーパリングの行方次第で、ユーロドル相場が動く…

ユーロ円 来週の見通し(上昇要因のないユーロ)

ECBの戦略がハト派に傾き、ユーロに買い材料がなくなった今、ここまで順調に経済回復が進んでいたオセアニア通貨と同様に、デルタ変異株感染拡大の警戒も視野に入れ、売りが優勢となっている今のユーロ圏ですが、来週のユーロは、経済指標に注目が集まります…

豪ドルドル 来週の見通し

豪ドルドルの上値が一段と重くなってきた今週の豪ドルドル相場。やはり、経済回復が加速しているアメリカと、デルタ変異株及びコロナ新規感染者が拡大しているオーストラリアの今後の経済状況を考えると、そういう事なんでしょう。 という事で、来週も引き続…

豪ドル円 来週の見通し(82円がポイントか?)

オーストラリア国内で流行り出しているデルタ変異株やコロナ新規感染拡大の影響で、今後の経済に警戒しだしている市場の反応。 こうなると、テーパリングの実施日の変更もありますし、豪ドルの評価は低くなってくるのかなぁという印象です。 ただこの予想は…