ぼび太のシンプルFX

ぼび太が、FX週間予想をシンプルに解説しているブログ

ドル円 来週の見通し(トレンド大統領の動きに警戒)

f:id:Original23:20201104232646p:image

 

もくじ

 

はじめに

このブログは、5年目のトレーダーが勝ち始めて2年しか経っていませんが、それでも年間500pipsを維持している為、ある程度、信頼性のある記事だと思っています。 とてもシンプルに書いている為、初心者・更には中級者にも読みやすく書いてあるので、参考にして頂ければと思っています。

 

今週のドル円相場

☆大統領選挙

今週のドル円相場は、大統領選挙のみを材料に相場が動きました。その大統領選挙について私なりに解説したいと思います。

 

大統領選挙の行方

日曜日に入り、報道でバイデンさんが大統領に就任した事が明らかになりました。

ただ、この報道を聞いたトランプ大統領は、諦める事なく法定で争う姿勢をみせています。

 

さて!現在トランプ大統領が訴訟を行う理由としては、以下の通りです。

 

  1. 今回のコロナウイルスでの死者も投票されている可能性があると言う事。
  2. 共和党の立会人が開票作業を十分に監視できていない事。
  3. ペンシルベニア州の投票受付期限の延長させた事。

他にもまだあり、合計6件の訴訟をトランプ陣営と共和党が取り上げているが、裁判に持ち込めるかどうかは、連邦最高裁判所の判断になりそうです。

もし裁判に持ち込められれば、トランプ大統領が、以前から指名していた保守派のエイミー・バレット判事の判断と他8人の判事の判断で、この大統領選挙の行方が決定される。

ただ重要なのは、裁判に持ち込めるより前の、連邦最高裁での判断が重要で、根拠を示していないトランプ陣営と共和党が上げた訴訟は、正直厳しいような感じがします。

 

ここまでが、今週のトレンドになります。

 

ドル円 来週の見通し

☆今後のトランプ大統領の動き

☆バイデン氏の政策内容

☆米ねじれ国会(上院・下院)

☆コロナ追加対策法案

来週も、引き続き大統領選挙後のバイデン・トランプ大統領の動向がトレンドになると予想しています。

中でも注目されるのが、来年1月20日までの任期を任されているトランプ大統領の動きです。

その動きとしては、今週のドル円相場の予想で書いた通り、大統領選挙の敗戦とトランプ大統領が訴訟を起こしている事で、ドル円の落下を予想しています。

 

その他、トレンドになり易い報道も書いたので、今後トランプ大統領の動きも合わせて解説して行きます!

 

今後のトランプ大統領の動き

まずは、訴訟によるリスク回避です。正直この訴訟は却下されそうな雰囲気なので、あまりトランプ大統領の再選は期待していません。

問題は、トランプ大統領の1月20日までの任期中にどういった事が起きるかですね!

残念ながら、そういった報道がない為、まずは訴訟問題の行方について気にしていきたいと思います。

 

バイデン氏の政策内容

トランプ大統領の事ばかりを考えていると、市場について行けなくなるので、バイデン氏の政策内容についても、現在注目されている部分だけ解説していきます。

 

  1. 4年間の任期で、210兆円を投資プランを掲げている。
  2. その投資プランの中には、インフラ投資も含まれている事。

*インフラ投資の目的については、道路、橋、上下水道、空港、港湾、緑地、送電網、通信網など老朽化したインフラを再建し、洪水や森林火災といった気候変動リスクに対する耐久性を高め、大気や水の汚染防止で公衆衛生を改善させる。 インフラ再建には国内の労働力と国産の資材を使用。それによって数百万の雇用を創出させる事を目的としている。

 

  3.増税

*ここがバイデン氏の政策内容の中で、1番注目されている部分ではないでしょうか?この時期に増税したら、GDPの改善に支障をきたす可能性があり、景気があまり上がってこないイメージがありますが、どうなんでしょうね!

 

今の所、分かっているのが、年収40万ドル以下の人には増税しない事で、増税の対象になる人は、富裕層の人と企業だけみたいです。

 

 4.外交問題

*こちらもバイデン氏が中国とどう向き合うのか、世界が注目しています。

メディアの間では、オバマ前大統領の時より厳しく対応し、トランプ大統領の時よりは、中国いじめに依存しない考えを持っているみたいですが、バイデン氏では力不足みたいな声や、大統領選前から報道がある通り、実は親中派だったりと、外交面では期待できないバイデン氏。

実際の演説を聞いている訳ではないので、全く分かりませんが、不透明感が高い状態です。

                 以上

 

バイデン氏の政策内容は、トランプ大統領の任期後に演説をすると思うので、そちらに注目していきましょう。

問題は、バイデン氏が当選した事をで、どこまで為替に影響があるかですね!こちらも、月曜日から注目していきましょう。

 

上院・下院選挙にも注目

こちらにも注目されてして行きましょう。

上院選では民主党:48 共和党:48

下院選では民主党:212 共和党:198

 

いずれも、民主党がどちらも有利に立っています。もしどちらかでも共和党に取られた場合、アメリカがねじれ国会に発展します。その際、警戒したいのが、トランプ大統領が陰に潜んでコントロールするのではないか?みたいな噂があるみたいですが、本当なんでしょうか?

だとすれば、バイデン氏は自身の政策内容に、かなり苦労すると思いますが、果たして!

 

コロナ追加対策法案

米上院共和党トップのマコネルさんが、大統領選挙後の落ち着いた頃合いを見て、少なくとも12月末までに、コロナ追加対策法案を実現させると発言がありました。 まぁ〜この報道は、今週の報道と言うよりは、今後の米ドル買い示唆として注目して行こうと思います。ただ、いつ法案が成立するかは12月末とアバウトな報道しかしていないので、急に法案が通る場合もあるので、注意して下さい。

 

今後のドル円のリスク要因

ドル買い

・コロナ追加対策法案の導入

・バイデン氏の政策内容

ドル売り/円買い

・バイデンが当選された事をよる経済の不  

    透明性

トランプ大統領の訴訟問題

トランプ大統領の今後の動き

・米ねじれ国会に警戒

 

ドル円 テクニカル分析

ここからは、ファダメンタルズ分析をベースにテクニカル分析で、更に深掘りして行きます。

 

ドル円 日足

f:id:Original23:20201108165317j:image

現在日足は、注目の三角持ち合いを下に抜けた状態で、波動で言えば5波と言った感じ。

ただ、104円を下抜けた場所を1波と見ても良い感じもするので、その場合は104円に戻る動きを2波と予想して、その後104円に戻りきれず3波の落下。ここまで予想したいです。

ただ大事なのは、いずれにしても104円での相場の動きが大事になるので、ここを見極める必要がありますので、一旦は戻りを待つのが、勝敗を分けるポイントになりそうです。

 

ドル円 1時間足

f:id:Original23:20201108170039j:image

現在1時間足は、5波のヘェイラーしている状態である事を予想。

相場の流れが強いと、ブレイクアウト・トレンド・レンジ相場という感じになり易く、今はトレンドになっていて、もう少し落下しそうな感じがします。ただ落ちても103円辺りの場所で、一旦落下が一服すると予想。

ただ注目する場所は、あくまでも104円なので、一旦戻りを待つ事を期待しましょう。

 

まとめ

まずはトランプ大統領の動向に注目です。そちらの方が明確なので、市場はリスク回避に動くと思います。

バイデン氏のメディア情報は、あくまでも予想なので、まだまだ未知の領域であり、政策内容が発表されるまでは、バイデン氏に対する相場期待は薄いとみています。

 

では、ありがとうございました。