ぼび太のシンプルFX

この記事は、1週間分の各通貨ペアのトレード情報を紹介した解説ブログになります。なるべく初心者の方にも分かりやすいように説明しているので、是非参考にして下さい。

ユーロドル 来週の見通し(FOMCに注目)

f:id:Original23:20201213205021j:image

この記事では、来週に控えたFOMC今週進展が報道された米コロナ経済対策、移行期間も残りわずかとなったEU離脱協議の行方、以上3つをメインテーマに、その他のテーマま合わせながら、ユーロドル相場の解説をしていく記事になるので、是非参考にしてみてください。

 

もくじ

 

はじめに

このブログは、5年目のトレーダーが勝ち始めて2年しか経っていませんが、それでも年間500pipsを維持している為、ある程度、信頼性のある記事だと思っています。 とてもシンプルに書いている為、初心者・更には中級者にも読みやすく書いてあるので、参考にして頂ければと思っています。

 

ユーロドル 来週の見通し

  • FOMC
  • 米コロナ経済対策の更なる進展
  • EU離脱協議の行方
  • 経済指標

以上のテーマで、ユーロドルの解説をします。

 

今週のユーロドルは、揉み合う感じでクローズ。レンジ相場ってやつですね!まぁ〜ECB理事会や米コロナ経済対策、それからEU離脱協議の進捗状況等の報道があり、相場も揺れ動く展開でしたが、結局は、EU離脱協議の結果待ちなんでしょうね!

そんな中、来週のユーロドルは引き続き、EU離脱協議の結果を待つ相場展開になりそうです。

勿論、その前にもユーロドルが動きそうなトレンドがあるので、紹介していきます。

 

FOMC

来週の木曜日に開催されるFOMCですが、すでにFRBからは、量的緩和の強化導入をされる事が決まっています。そこについては、先月末で報道されているだけに、少し織り込んでいるような感じがする為、本来ならユーロ買い/米ドル売りになりますが、大きくは変動しない予想をしています。

ただ、FRBフォワドガイダンスを明確化すればどうでしょうか?勿論、こちらは織り込んでいないので、米ドル買いに発展する可能性があるので、ユーロドルの落下に警戒する必要があります。注目しましょう。

 

米コロナ経済対策

未だ合意に至っていない9080億ドルの米コロナ経済対策ですが、先月までは2.2兆億ドルコロナ経済対策で難航していた為、金額を下げ、再度9080億ドルのコロナ経済対策で進められているこの協議。

今週ムニューシン米財務長官が(両党の上院議員との協議を実施した。昨日は多くの人と極めて生産的な話し合いができ、多くの進展が見られた)との発言。

ただ、現時点では難航し過ぎた事も原因なのか、進展報道が伝わっても、まだまだ疑り深い市場の反応です。

因みに、コロナ経済対策が合意すれば、米ドル買いになるので、当然ユーロが売られる対象になるので、ショートエントリーのチャンスですね。

 

EU離脱協議

こちらは、もう報道が入りまくっている為、ブログでは説明しませんが、一応現在の状況だけでも簡単に説明したいと思います。

現時点でのジョンソン首相のコメントは、(かなり難しい展開になってきた。合意できない方が大きい)と発言。ジョンソン首相自体も、合意に向けて積極的に取り組んでいるみたいですが、中々合意に至らない様子。

この時点で、ユーロが売られてもおかしくはないですが、何故か日足は揉み合った状態。

私が思うに、市場は12月31日まで様子見しているような感じがします。勿論、その前にもユーロドルが、少しくらいは動くと思いますが、メインは12月31日の移行期間終了後の結果になってくると思います。

最後の最後まで、気を抜く事ができませんが、12月31日に注目して行こうと思います。

 

経済指標
  • 12/15 英国・雇用統計 11月
  • 12/16 英国・消費者物価指数 11月
  •            ドイツ・製造業PMI 
  •            ドイツ・非製造業PMI
  •            ユーロ・製造業PMI
  •            ユーロ・非製造業PMI     
  •            英国・製造業PMI
  •            英国・非製造業PMI
  •            ユーロ・貿易収支 10月
  •            アメリカ・小売売上高 11月
  • 12/17  英国・英中銀政策金利 12月
  • 12/18  ドイツ・Ifo景況感指数 12月

以上の経済指標に注目して下さい。

 

ユーロドル テクニカル分析

ここからは、ユーロドル相場をテクニカル分析でより具体的に説明していきます。

 

ユーロドル 日足

f:id:Original23:20201213215308j:image

ユーロドルもユーロ円同様、5波という目線でみていましたが、現在揉み合っている状況。少し怪しい感じがするので、こちらもユーロ円同様、1時間足で見ていきましょう。

 

ユーロドル 1時間足

f:id:Original23:20201213215326p:image

現在、日足は4波を予想。5波で1.2に到達。

まぁ〜基本、レンジ相場に入っているので、下抜けしたら、日足の5波が終了。逆に、うわ抜けた場合は、日足の揉み合っている所を4波として、5波で上昇する見方でいます。

このレンジ相場に注目して行きましょう。

 

まとめ

さぁ!EU離脱協議の結果は、もう少し先になると思うので、とりあえず来週はFOMCだけに絞って貰えればと思います。

 

では!ありがとうございました。