ぼび太のシンプルFX

この記事は、1週間分の各通貨ペアのトレード情報を紹介した解説ブログになります。なるべく初心者の方にも分かりやすいように説明しているので、是非参考にして下さい。

豪ドル円 来週の見通し(材料不足)

f:id:Original23:20201212193501p:image

この記事では、コロナ規制を大幅緩和RBAの量的緩和の導入の影響、の2つのテーマを題材に、その他のテーマも合わせながら来週の豪ドル円相場を解説する記事になるので、是非参考にしてみて下さい。

 

もくじ

 

はじめに

このブログは、5年目のトレーダーが勝ち始めて2年しか経っていませんが、それでも年間500pipsを維持している為、ある程度、信頼性のある記事だと思っています。 とてもシンプルに書いている為、初心者・更には中級者にも読みやすく書いてあるので、参考にして頂ければと思っています。

 

ドル円 来週の見通し

  • どこまで上昇する?豪ドル円
  • 材料不足
  • FOMCの影響

以上のテーマで豪ドル円を解説します。

今週の豪ドル円は、特に何も言う事がないくらい分かりやすい相場でした。やはりコロナ感染を抑え込んでいる国の通貨は強いですねぇ〜。

来週も引き続き、豪ドル買いを意識したい所ではありますが、日足の上昇波動もそろそろ終わりを迎える頃だと思っているので、調整落下も視野に入れて行こうと思います。

では、豪ドルが売られる要素は?と考えると、豪ドルに関連した材料が見当たらず、また落下する要素はいくつかありますが、根拠が薄いので、来週はテクニカル分析を中心に見て行こうと思います。

とりあえず落下する要素を、いくつか挙げてみたので、参考程度で見ていただければと思います。

 

どこまで上昇する?豪ドル円

コロナウイルス感染者の抑える込みに成功している事や、コロナ規制の大幅緩和をした事で上昇の勢いが継続中の豪ドルですが、流石に調整落下を意識したい場面でもあります。

その一つの落下要因になるのが、来週のFOMCで発表された際の米ドルの動きになります。

現在FRBが事前に予告をしているのが量的緩和強化の導入ですが、おそらく量的緩和自体は米ドル売りの反応になります。

ですが、フォワドガイダンスも明確化すれば、期待の面から短期的な豪ドル売り/米ドル買いになる事も考えられます。

本来なら米ドル売りに転じても良い場面ですが、市場が豪ドルの売り所が欲しいと考えるならば、絶好の売りトレンドでもあります。

 

材料不足

今週もそうでしたが、来週も豪ドル関する材料がない状態です。その為、直接的に関係のないトレンド、つまり経済指標で動く場合があるので注意して下さい。

 

経済指標

ドル円に直接関係あるのが、下記の指標

  • 12/14 日本・日銀短観 10月
  • 12/15 中国・鉱工業生産指数 11月
  •           中国・小売売上高(年初来) 11月
  •           中国・小売売上高 11月
  • 12/17 豪・雇用統計 11月

次に材料不足になりがちな来週は、以下の経済指標でも動く可能性があります。

  • 12/15 英国・雇用統計 11月
  • 12/16 英国・消費者物価指数 11月
  •            ドイツ・製造業PMI 
  •            ドイツ・非製造業PMI
  •            ユーロ・製造業PMI
  •            ユーロ・非製造業PMI     
  •            アメリカ・小売売上高 11月
  • 12/17  英国・英中銀政策金利 12月

 

現在のRBAの政策内容
  • 引き続き、現在の政策内容を維持
  • 国債買い入れについては今後6カ月間を対象に期間が約5年から10年の国債を加え、1000億豪ドル規模の買い入れ
  • マイナス金利の恩恵はほとんどないと判断しており、これ以上の利下げは検討していない
  • インフレ率が目標バンド(2─3%)に回帰するまで利上げはしないとコミット。さらに今後3年は目標への到達は見込まれていない。
  • 状況が変われば、理事会はさらなる行動をとり、追加の買い入れる用意がある

 

ドル円 テクニカル分析

ここからは、テクニカル分析でより具体的に解説していきます。

 

ドル円 日足

f:id:Original23:20201213100921j:image

現在日足は5波目に入っています。まだ5波終了という判断は難しいので、その場合は1時間足で判断して下さい。私の理想は、79円付近まで伸びてくれるとショートエントリーしやすいんですけどね!笑

仮に5波が終了した場合、ABC波でアップトレンドラインから外れ、週足から引っ張ってきたダウントレンドラインでサポートされる予想でいます。

 

ドル円 1時間足

f:id:Original23:20201213102036j:image

現在1時間足はB波を予想。5波のアップトレンドラインのからは外れていますが、次がC波なので、前回つけた高値付近くらいまでは伸びる予想でいます。

そして高値が更新されなければ、とりあえずは、日足の5波終了と言った感じになり、その後は、レンジ相場に突入する感じで見ています。

 

まとめ

豪ドル自体が材料不足であり、来週は、少しモジモジした展開になりそうです。特に、現在ユーロで、協議が難航しているEU離脱協定の結果やネガティブな発言で、豪ドル円も吊られやすくなるので注意してください。

とりあえず、今日の記事を簡単にまとめて見ました。

 

ドル円のリスク要因

豪ドル売り/円買い

  • FOMCの発言次第で豪ドル売りになりやすくなる。特に、フォワドガイダンスの強化発言には注意。
  • 材料不足の為、ユーロ関連の報道にも反応しやすくなる。

豪ドル買い/円売り

  • コロナ規制を大幅緩和しているオーストラリアが安全通貨として買われやすい場面。
  • FRB量的緩和で豪ドル買いに転じやすくなる。

では、ありがとうございました。