ぼび太のシンプルFX

この記事は、1週間分の各通貨ペアのトレード情報を紹介した解説ブログになります。なるべく初心者の方にも分かりやすいように説明しているので、是非参考にして下さい。

ドル円 来週の見通し(上院選に注目)

f:id:Original23:20210102192226p:image

この記事は、来週1週間のドル円相場の見通しを、ファンダメンタルズ分析をベースに、日足・1時間足のテクニカル分析で具体的に解説していく記事になります。

デイトレ・短期トレードにオススメな記事になるので、是非参考にしてみてください。

 

もくじ

 

新年に向けて

f:id:Original23:20210102193636p:image

皆さん明けましておめでとうございます。

去年は勝ってる人は引き続き、今年も勝ちを目指して頑張って下さい。

去年負けている人に関しては、唯一去年の損額をリセットできる良い機会なので、ここから気持ちを切り替えて頑張っていきましょう!

 

このブログは、5年目のトレーダーが勝ち始めて2年しか経っていませんが、それでも年間500pipsを維持している為、ある程度、信頼性のある記事だと思っています。 とてもシンプルに書いている為、初心者・更には中級者にも読みやすく書いてあるので、参考にして頂ければと思っています。

 

ドル円 来週の見通し

  • 上院選に注目
  • 経済指標に注意
  • FOMC開催
  • バイデン政権誕生に期待

以上4つのテーマで解説していきます。

 

さて今週のドル円相場の見通しとしては、経済指標というよりも上院選に注目が集まります。

この2つの材料を合わせた場合、更なる落下が予想されます…が、上院選で民主党過半数を占めた場合、状況が一変する可能性が高いです。ひょっとすると、一度日足レベルでの上昇も十分あり得るので、今週から再投票が始まる上院選に注目していきましょう。

 

経済指標

まずは、今週アメリカ重要経済指標の発表がありますので、以下の指標に注意して下さい。

いずれの指標も、だいぶ予想が悪化しているので、デイトレーダーは注意して下さい。

 

FOMC

今週開催されるFOMCですが、すでに量的緩和を導入されていて、これ以上の金融緩和を導入する可能性は薄いとみているので、無風で終わるでしょう。

ただ、その量的緩和はいつまでやるのか?前回パウエル議長の発言からして、メディアの反応は、今年いっぱいは量的緩和を維持するような事が書かれていましたが、実際の所はそこまで明確化になっていないので、そこに注目が集まると思います。

 

米コロナ経済対策

12月、トランプ大統領が国民給付金の少なさにこの法案を拒否。修正するよう要求したが、バイデン氏のひと声もあり、トランプ大統領は仕方なく承認。その後も下院民主党も可決されたが、今度は上院共和党が拒否。

結局、上院トップ共和党マコネルさんの発言もあり、米コロナ経済対策は見送られる事になりました。

この報道に年末まで米ドル売りが継続し、豪ドル買いが目立つ年末の為替状況でした。では、コロナ経済対策はどうすれば成立するのか?答えは上院選次第でしょう。

 

上院選

今年一発目のビック?イベントは上院選です。

この上院選で、共和党過半数を占めれば、状況はあまり変わらないでしょう。もちろん米コロナ経済対策は不透明なままです。それどころか、バイデン政権が挙げる政策内容の実現も、難航を示す展開になります。

更に、市場がバイデン政権で期待しているのは、9080億ドルコロナ経済対策に続く追加経済対策の為、それも難しい状況となります。

しかし、民主党過半数を占めれば状況が一変する可能性が高いです。もし民主党過半数を取れば、米ドルが一気に買われる可能性があります。なので、今週は上院選に注目するべきでしょう。

 

バイデン政権に期待

上院選で民主党過半数を取った上で、バイデン政権に期待が集まっているので、更にドル円の上昇が期待されます。

もちろん過半数を取れなくても、バイデン政権に期待が集まっているのは間違いないので、少なくとも、短期的なドル円上昇は明確ですね!

さて、バイデン政権が誕生する事で市場は何を期待しているのか?もちろん早期の景気回復が必要な追加の財政政策を期待しているので、バイデン氏から、財政政策の発言があるかどうかに注目が集まります。

 

ドル円 テクニカル分析

ここから、上記のファンダメンタルズ分析をベースに、テクニカル分析でより具体的に解説していきます。

 

ドル円 日足

f:id:Original23:20210102205840j:image

現在日足は5波継続、あるいは終了と行きたい所ですが、経済指標の悪化や上院選の結果待ちの所を考えれば、5波終了というにはまだ早いですね!

ただ5波であるのは間違いないので、後は1時間足で見ていきましょう。

 

ドル円 1時間足

f:id:Original23:20210102211223j:image

1時間足はダウントレンドラインをぬけ、上昇の方向転換されています。因みに現在はB波を予想しているので、C波でもう少し上昇すると思います。

ただ3日間の休業もあったので、一回1時間足はリセットされる感じで見ても良いかもしれませんね!

 

まとめ

さて!年始という事もあり、少し長めに様子見しても良いかもしれません。経済指標も悪化しているのは明確なので、無理なロングエントリーには注意して下さい。

では!今年もよろしくお願いします。ありがとうございました。

 

こちらの記事もオススメしています。

blog.hobita1983.com