ぼび太のシンプルFX

この記事は、1週間分の各通貨ペアのトレード情報を紹介した解説ブログになります。なるべく初心者の方にも分かりやすいように説明しているので、是非参考にして下さい。

豪ドルドル 来週の見通し

f:id:Original23:20210110125149j:image

この記事は、来週1週間の豪ドルドル相場の見通しを、ファンダメンタルズ分析をベースに、日足・1時間足のテクニカル分析で具体的に解説していく記事になります。

デイトレ・短期トレードにオススメな記事になるので、是非参考にしてみてください。

 

もくじ

 

はじめに

このブログは、5年目のトレーダーが勝ち始めて2年しか経っていませんが、それでも年間500pipsを維持している為、ある程度、信頼性のある記事だと思っています。 とてもシンプルに書いている為、初心者・更には中級者にも読みやすく書いてあるので、参考にして頂ければと思っています。

 

豪ドルドル 来週の見通し

  • バイデン政権に期待
  • 米経済対策に期待
  • 中期的には豪ドル買い

以上のテーマで解説していきます。

来週の豪ドルドル相場の見通しは、テクニカル分析ではまだまだ上目線ですが、ファンダメンルズ分析では、短期的に豪ドル買いから米ドル買いの流れになっているので、まずは短期的な落下を予想していきます。

理由としては、もちろんバイデン政権に対する期待が高く、買われすぎていた豪ドルに調整落下の為、落とし所を探る展開としては、良い材料だと思っています。

また先程短期的と言いましたが、バイデン政権の期待度は未知数なので、もしかすると、かなり深めに豪ドルドルが落下する可能性がある為、注目度の高い通貨ペアだと思います。

ただ、それでも現在オーストラリアの経済は順調で、コロナ感染も上手く抑え込んでいる事から、市場の評価は高いままという事だけは、覚えておいて下さい。という事で、もう少し詳しく来週の豪ドルドル相場の展開を解説したいと思います。

 

バイデン政権に期待

今週上院選挙が行われ、民主党が勝てば経済対策が導入されやすくなる事から、米ドル買いに反応すると私は予想していましたが、市場の考えは、民主党が上下院を占めれば、民主党の政策内容が実行されやすく、その一部である増税が導入されやすくなる、その警戒から米ドル売り/豪ドル買いの反応になりました。

ただ、やはり直近の米経済状況を考えると、その期待は、バイデン氏が挙げている経済対策を期待するのは当然ですね!

また、1/20に新大統領の誕生もある事から、期待がますます増えくるので、来週からの豪ドルドル相場は、落下という予想をしました。

 

中期的には豪ドル買い

ただし今の所は、中期的に豪ドル買いの目線で良いと思います。

理由としては、先程も言いましたが、オーストラリア国内の経済は順調で、コロナ感染も上手く抑え込んでいる事は、現在の他の先進国には真似ができない状態なので、市場の評価は高いままだと思っています。

なので、バイデン政権に期待されているからと言って全力でのショートエントリーは油断禁物なので、逆張りは注意してトレードして下さい。

 

豪経済指標
  • 1/11 豪小売売上高 
  • 1/11 中国・消費者物価指数 
  • 1/11 中国・生産者物価指数 
  • 1/14 中国・貿易収支 12月

以上の経済指標に、デイトレする方は注目していきましょう。

 

豪ドルドル テクニカル分析

ここからは、上記のファンダメンタルズ分析をベースに、テクニカル分析でより具体的に解説していきます。

 

豪ドルドル 日足

f:id:Original23:20210110165114j:image

現在日足は、5波のフェイラーで、0.78の厚めのレジスタンスラインにぶつかっている状態でクローズを迎えました。

ここを超えると、次のレジスタンスラインは0.8になるので、来週以降のファンダメンルズ分析の事を考えれば、一旦区切りが良い0.78で、上昇が止まるのではないかと思っています。

ただ、テクニカル分析ではアップトレンドラインを割っていないので、上昇は継続中です。

 

豪ドルドル 1時間足

f:id:Original23:20210110165942j:image

1時間足は、0.78レジスタンスラインの強さを確認したい所で、現在その強さが若干チャートに出ている印象です。

金曜日、米雇用統計の悪化の予想から、発表前からフラッグ型で上昇し、この形から、セオリーで行けば、米雇用統計が悪化した事もあり上昇すると思っていましたが、発表後は逆に落下した状態でクローズされました。

この事から、ショートエントリーが増えきたかなぁと思っていますので、0.78でショートエントリーも悪くはないのかなぁと思っています。

 

まとめ

ここまで、落下予想で解説してきましたが、先週までの豪ドル買いの事を考えると、中々ショートエントリーするのは、勇気のいる選択ですね!笑

ただ、もう一つの根拠として、ドル円が上昇しているので、いくらか今回の豪ドルドルの落下の予想は自信がありますが、果たしてと言った感じです。

 

豪ドルドル リスク要因

豪ドル買い/米ドル売り

豪ドル売り/米ドル買い

  • バイデン政権による大規模な経済対策
  • バイデン政権による景気回復期待

 

では、ありがとうございました。

 

こちらの記事もおススメです。

blog.hobita1983.com

 

 

 

https://blog.hobita1983.com/