ぼび太のシンプルFX

この記事は、1週間分の各通貨ペアのトレード情報を紹介した解説ブログになります。なるべく初心者の方にも分かりやすいように説明しているので、是非参考にして下さい。

豪ドル円 今週の見通し

f:id:Original23:20210110210446p:image

この記事は、今週1週間の豪ドル円相場の見通しを、ファンダメンタルズ分析をベースに、日足・1時間足のテクニカル分析で具体的に解説していく記事になります。

デイトレ・短期トレードにオススメな記事になるので、是非参考にしてみてください。

 

もくじ

 

はじめに

このブログは、5年目のトレーダーが勝ち始めて2年しか経っていませんが、それでも年間500pipsを維持している為、ある程度、信頼性のある記事だと思っています。 とてもシンプルに書いている為、初心者・更には中級者にも読みやすく書いてあるので、参考にして頂ければと思っています。

 

ドル円 今週の見通し

  • バイデン政権に期待
  • 経済対策に期待
  • 気になるトランプ大統領の罷免問題
  • 経済指標に注目

以上4つのテーマを解説していきます。

今週の豪ドル円相場の見通しは、もちろん今後の景気回復を狙うバイデン政権に期待されている事や、米国民が欲しがっている給付金を含めた経済対策の期待から、米ドル買いになる事からドル円の調整落下を予想しています。

ただしテクニカル分析では、引き続き上昇が継続しているので、安易なショートエントリーは注意して下さい。

また、今週末にトランプ大統領の罷免問題の報道が出ており、そこが気になる所ではありますので、そちらも含め、上記のテーマを解説していきます。

 

バイデン政権に期待

先週上院選挙が行われ、民主党が勝てば経済対策が導入されやすくなる事から、米ドル買いに反応すると私は予想していましたが、市場の考えは、民主党が上下院を占めれば、民主党の政策内容が実行されやすく、その一部である増税が導入されやすくなる、その警戒から米ドル売り/豪ドル買いの反応になりました。

ただ、やはり直近の米経済状況を考えると、その期待は、バイデン氏が挙げている経済対策を期待するのは当然ですね!

また、1/20に新大統領の誕生もある事から、期待がますます増えくるので、来週からの豪ドルドル相場は、落下という予想をしました。

 

中期的には豪ドル買い

中期的には豪ドル買い
ただし今の所は、中期的に豪ドル買いの目線で良いと思います。

理由としては、先程も言いましたが、オーストラリア国内の経済は順調で、コロナ感染も上手く抑え込んでいる事は、現在の他の先進国には真似ができない状態なので、市場の評価は高いままだと思っています。

なので、バイデン政権に期待されているからと言って全力でのショートエントリーは油断禁物なので、逆張りは注意してトレードして下さい。

 

豪経済指標
  • 豪実質GDP    前回-7%       結果3.3%
  • 豪貿易収支     前回56         結果74
  • 豪小売売上高 前回-1.1%    結果1.4%
  • 豪雇用者数    予想4.0%     結果9.0%
  • 豪失業率        予想7.0%     結果6.8%
  • 豪貿易収支     前回74         結果50
  • 豪小売売上高  前回7.0%    結果7.1%

以上のように、現状のオーストラリア経済は良好で、仮に豪ドル円が落下しても、目線は上方向というのが分かります。(もしかしたら!笑)

ただし現状としては、今日発表された豪小売売上高が前回よりも良かったにも関わらず、豪ドル円の落下が目立つ為、日足の調整的な落下の前兆が始まったのかなぁという印象がありますので、もう少し様子見したい所ではありますが、ショートが少しだけ優勢になったのかなぁと思っています。

 

トランプ大統領の罷免問題

こちらの報道は、相場を動かす材料なのかは不明ですが、今週トランプ大統領を罷免する為、弾劾措置を取るとの報道が入っています。

理由は、当然米政府に対する国会議事堂での国民の暴動を煽った事が原因でしょう。

もちろん、残り数日の任期で、それ以上の事をやりかねないという判断から、米政府内でトランプ大統領を罷免し、早めに外に追い出す作戦みたいですが…

まぁ〜理由がどうあれ、為替に影響しそうな報道なので警戒して下さい。

 

現在のRBAの政策内容
  • 引き続き、現在の政策内容を維持
  • 国債買い入れについては今後6カ月間を対象に期間が約5年から10年の国債を加え、1000億豪ドル規模の買い入れ
  • マイナス金利の恩恵はほとんどないと判断しており、これ以上の利下げは検討していない
  • インフレ率が目標バンド(2─3%)に回帰するまで利上げはしないとコミット。さらに今後3年は目標への到達は見込まれていない。
  • 状況が変われば、理事会はさらなる行動をとり、追加の買い入れる用意がある

 

ドル円 テクニカル分析

ここからは、上記のファンダメンタルズ分析をベースに、テクニカル分析でより具体的に解説していきます。

 

ドル円 日足

f:id:Original23:20210111194541j:image

現在日足はとりあえずは5波終了と判断していますが、基本は1番上のアップトレンドラインを割らない限りは、調整落下と断定できないので注意。もちろん、2番目のアップトレンドラインを割れば下目線ですが、まずはABC波を狙っていきたいですね!

 

ドル円 1時間足

f:id:Original23:20210111195051j:image

現在1時間足はC波終了で、ここから4波になるのか?という段階です。

今回私は日足を5波終了と予想しているので、アップトレンドラインを割る事と、80.5円レジスタンスラインで反発された時にヘッドアンダショルダーになったら、ショート優勢と判断したいと思います。

 

まとめ

少しショート優勢と断定するには早い今の豪ドル円ですが、バイデン政権に期待されている事から、自分のファンダメンルズ分析を信じてトレードしたいと思います。

 

では、ありがとうございました。

 

こちらの記事もおススメです。

blog.hobita1983.com

https://blog.hobita1983.com/