ぼび太のシンプルFX

この記事は、1週間分の各通貨ペアのトレード情報を紹介した解説ブログになります。なるべく初心者の方にも分かりやすいように説明しているので、是非参考にして下さい。

豪ドルドル 来週の見通し

f:id:Original23:20210124190757j:image

この記事は、1/25〜29日までの豪ドルドル相場の見通しを、ファンダメンタルズ分析をベースに、日足・1時間足のテクニカル分析で具体的に解説していく記事になります。

デイトレ・短期トレードにオススメな記事になるので、是非参考にしてみてください。

 

もくじ

 

はじめに

このブログは、5年目のトレーダーが勝ち始めて2年しか経っていませんが、それでも年間500pipsを維持している為、ある程度、信頼性のある記事だと思っています。 とてもシンプルに書いている為、初心者・更には中級者にも読みやすく書いてあるので、参考にして頂ければと思っています。

 

豪ドルドル 来週の見通し

  • 量的緩和が終了?
  • 2/2のRBA理事会に注目
  • 中国国内での感染状況にに反応
  • 経済指標

以上4つのテーマで解説していきます。

尚このテーマは、豪ドル円のブログに書いてあるので、そちらの方で確認してみて下さい。ただ、この記事でも少しだけ解説させてもらいます。

来週の豪ドルドル相場の見通しは、引き続き落下を予想していきます。

理由は、勿論バイデン政権による期待から豪ドル売り/米ドル買いの展開になるからと予想しているからです。今は、バイデン政権に期待されている経済対策が難航しているので、まだまだ本格的な米ドル買いにはなっていませんが、合意の可能性が高まってくると、米ドル買いが、更に加速する予想でいます。

ただし、豪ドル円のブログでは書きませんでしたが、現状オーストラリア経済は、どの先進国よりも経済回復が進んでいる為、現時点では、豪ドルドル相場を下目線で見る事はありません。とりあえず今は上目線であり、それは豪ドル円も一緒です。

という事は、今私が予想しているのは逆張りの予想であり、市場も去年から豪ドルを買われすぎな面から、調整落下の為、落とし所を探る展開になっています。

その材料として、1月からのメインテーマであるバイデン政権の期待をベースに、今週の中国国内での感染者続出・RBA理事会次第で豪ドル売りに発展する可能性、という売り所が、来週からの材料となる予想をしているので、詳しくは、是非豪ドル円相場を見てください。

 

hobita1983.com

 

豪ドルドル テクニカル分析

ここからは、上記のファンダメンタルズ分析をベースに、テクニカル分析でより具体的に解説していきます。

 

豪ドルドル 日足

f:id:Original23:20210124200441j:image

現在日足はA波継続と予想しています。ここから B波C波と進んでいき、最終的には2番目のアップトレンドラインまで落下する予想でいます。

ですが、まだ油断できない相場であり、上昇して高値を更新する可能性も依然残されているので、注意しながらのトレードをオススメします。

 

豪ドルドル 1時間足

f:id:Original23:20210124202807j:image

現在1時間足は幅のあるレンジ相場になっており、ダウントレンドラインを抜けば、私の予想が崩れてくる可能性があり、アップトレンドラインを割れば、落下する可能性が強くなると言った状況です。

やはり、ここからの発展は新たな報道が欲しい所ではあるので、上記の材料やまた新たな報道に敏感になる必要がある相場と言えます。

 

まとめ

まだまだ油断できない相場状況ですが、私が予想しているファンダメンタルズ分析を信じて、今はショートエントリーをオススメしたいと思います。

逆張りなだけに、過剰なストレスがかかってしまいますが、利益を得る為には、必要な手段だと思いながら、来週の相場に注視したいと思います。

 

では、ありがとうございました。