ぼび太のシンプルFX

この記事は、1週間分の各通貨ペアのトレード情報を紹介した解説ブログになります。なるべく初心者の方にも分かりやすいように説明しているので、是非参考にして下さい。

豪ドルドル 来週の見通し

スポンサーリンク

f:id:Original23:20210131123409j:image

この記事は、2/1〜2/5までの豪ドルドル相場の見通しを、ファンダメンタルズ分析をベースに、日足・1時間足のテクニカル分析で具体的に解説していく記事になります。

デイトレ・短期トレードにオススメな記事になるので、是非参考にしてみてください。

 

もくじ

 

はじめに

このブログは、5年目のトレーダーが勝ち始めて2年しか経っていませんが、それでも年間500pipsを維持している為、ある程度、信頼性のある記事だと思っています。 とてもシンプルに書いている為、初心者・更には中級者にも読みやすく書いてあるので、参考にして頂ければと思っています。

 

豪ドルドル 来週の見通し

  • RBA理事会に注目
  • 米経済対策に期待
  • 経済指標に注目

以上3つのテーマで解説していきます。

来週の豪ドルドル相場の見通しは、引き続き落下を予想していきます。

理由としては、先週とあまり変わりませんが、米経済対策の期待で豪ドル売り/米ドル買いの展開となっている上に、合意が成立すれば、更に豪ドルが売られる展開になる事を予想しているからです。

他にも、来週のRBA理事会で量的緩和の終了時期もしくは縮小時期に注目が集まります。一部の市場の予想は、4月に縮小・終了予想ですが、エコノミストは、4月以降も延長の予想でいるので、もし4月も延長されれば、豪ドルドルが売られるでしょう。

後は、来週は重要経済指標のオンパレードなので、こちらも注目していきましょう。

更に詳しい内容は、豪ドル円のブログで確認して下さい。

hobita1983.com

 

豪ドルドル テクニカル分析

ここからは、上記のファンダメンタルズ分析をベースに、テクニカル分析でより具体的に解説していきます。

 

豪ドルドル 日足

f:id:Original23:20210131133240j:image

現在日足はB波継続を予想。長い長いアップトレンドラインからようやく外れた事により、上昇サインは、今の所一服した事から、少し安心です。

ですが中々下りが悪い為、B波と言うよりも、しばらくはレンジ相場の可能性もあります。

出来れば今の内に、チャンスがあれば、高めの位置でポジションを取り直す事もオススメします。

 

豪ドルドル 1時間足

f:id:Original23:20210131133812j:image

現在1時間足はB波を予想し、C波でもう一段の落下を予想しています。

1時間足は、基本1・2ダウントレンドラインをみて、トレードする事ですね!

先程も日足の解説で言いましたが、下りが悪くレンジ相場になる可能性があり、この後も上下に乱高下するかもしれないので、このダウントレンドラインの位置を把握しながらのトレードになるでしょう。

因みに、1番目のダウントレンドラインを抜けば、上昇のサインなので、このラインがポイントになります。

 

まとめ

まずは、来週のRBA理事会・米雇用統計の結果・米経済対策の行方に警戒して下さい。その上での、豪ドル売り予想をしているので、もちろんポジションは、ショートエントリーです。

 

では、ありがとうございました。