ぼび太のシンプルFX

この記事は、1週間分の各通貨ペアのトレード情報を紹介した解説ブログになります。なるべく初心者の方にも分かりやすいように説明しているので、是非参考にして下さい。

豪ドル円 来週の見通し(豪雇用統計に注目)

スポンサーリンク

f:id:Original23:20210214130049j:image

この記事は、来週1週間の豪ドル円相場の見通しを、ファンダメンタルズ分析をベースに、日足・1時間足のテクニカル分析で具体的に解説していく記事になります。

デイトレ・短期トレードにオススメな記事になるので、是非参考にしてみてください。

 

もくじ

 

はじめに

このブログは、5年目のトレーダーが勝ち始めて2年しか経っていませんが、それでも年間500pipsを維持している為、ある程度、信頼性のある記事だと思っています。 とてもシンプルに書いている為、初心者・更には中級者にも読みやすく書いてあるので、参考にして頂ければと思っています。

 

ドル円 来週の見通し

  • 米経済対策で原油相場が上昇
  • RBA債券買い入れ増額
  • 米中問題に注目
  • 変異種の話題

以上4つのテーマで解説していきます。

来週の豪ドル円相場の見通しは、引き続き上昇目線でいきますが、日足も5波目という事もあるので、追加ロングエントリーは注意です。

今週は金曜日の深夜に、バイデン政権による経済対策の影響で、原油相場が上昇しました。こうなると、資源国であるオーストラリア通貨の豪ドルも買われる状況と言えるでしょう。

最近は、余りの材料不足から、普段為替で反応が限定的な原油相場や米ダウ株価の反応で、豪ドル円相場も動いている状態なので、かなり難しい展開ではあります。

こういう場合は、テクニカル分析などで対応していくしかないみたいですね!

それでも、来週は、今後のRBAロウ総裁の考え方がかわる要因となる、豪雇用統計の発表があるので、そちらに注目していきましょう。

それでは、上記のテーマを解説しています。

 

原油相場の上昇

金曜日の深夜に、原油相場の上昇を受け、資源国通貨である豪ドルも買われる展開となりました。

原因は、バイデン政権の政策内容である追加経済対策が、原油相場の上昇を支援するきっかけとなった要因でしょう。

1.9兆ドル経済対策なのか、それとも第2弾経済対策で反応したのかは不明ですが、どちらにしても、多額のドルを市場にばら撒けば、ドル安になるのは当然なので、原油相場が上がらなくても、あまり変わりないかもしれませんね!

来週も原油相場の影響で、引き続き豪ドルが買われるかに注目して行きましょう。

 

米 第2弾経済対策

その第2弾の経済対策ですが、今週バイデン大統領が、環境問題に取り組む為のインフラ投資(第2弾経済対策)をする事がわかりました。

ただ、今月1.9兆ドル経済対策を成立させたばかりなので、今度の経済対策には、流石の共和党も黙ってはいないはずです。

そうなればリスクオフとなり、米ドル売りになるのかなぁと予想しています。

財政政策を実行すれば、基本的には米ドル買いになると思いますが、円の反応もあるので、豪ドル円はどちらに反応するのか?と言った感じで見ていこうと思います。

 

RBA理事会

現状、豪ドルが買われすぎている面から、デフレに入っているオーストラリア経済。

先週、豪金融機関エコノミストが、今後RBAは、さらに量的緩和を拡大するだろうと予想していた通り、債券の買い入れを1000億豪ドルを投入してきました。

理由は、勿論豪ドル高を制御させる事が目的でしょう。今後のロウ総裁の発言に注目していきましょう。

 

米中問題

この話題をブログで書くのは久しぶりになりますが、バイデン政権の誕生により、今後の米中問題も何か変化するのかなぁと思い取り上げました。

今週、バイデン大統領と習近平国家主席が電話会談をするという報道で、改善の期待から豪ドルが買われる場面もありました。

ただ、バイデン大統領は、ウイグル人権問題や香港人権問題、それから東・南シナ海域での中国の行動を、懸念すると改めて表明してしていますが、本当の会談した目的は何だったんだろうかと、少し親中派っぽいバイデン大統領が見えてきたような感じがします。

又、サキ米報道官も、(中国に対する関税・貿易面に関して見直しているが、急いではいない)と発言されていますが、もしかして緩和するのでしょうか?だとすれば、今後豪ドル円は、更に上昇する要因になってしまいます。

こちらも、注目していきましょう。

 

変異種

こちらの問題は、オーストラリア国内のリスクオフ要因になりますが、11日、メルボルンでイギリスからの変異種が、13人感染していると報道が入っています。

幸いな事に、メルボルンは現在ロックダウン中であり、ここからの感染拡大を制御できているとは思うので、ひとまず安心ですね!

ただオーストラリアは、ここから冬を迎える季節になるので、今後感染が広がる可能性が十分残されています。そう言った面で、豪ドル買いは止まるのではないかと、勝手ながら思っています。

 

経済指標

来週、注目する経済指標は以下の通り

                                             (前回)    (予想)

  • 15日 日本GDP速報値     5.3         2.4
  • 17日 米小売売上高        -0.7         0.6
  • 18日 FOMC議事録
  • 18日 豪雇用統計

 

現状のECB理事会の政策内容
  • 大規模な量的緩和の維持
  • 政策金利も据え置き
  • パンデミックの継続と経済・金融状況への影響は引き続き下方リスク。
  • 為替の中期的なインフレ見通しについて引き続き注視していく。
  • 全ての政策手段は調整可能で、いかなる選択肢も排除されていない。
  • パンデミックによる経済成長や物価、インフレへの下方リスクを阻止するため、金融および財政双方で緩和継続が必要。

 

ドル円 テクニカル分析

ここからは、上記のファンダメンタルズ分析をベースに、テクニカル分析でより具体的に解説していきます。

 

ドル円 日足

f:id:Original23:20210214160434j:image

現在日足は5波進行中と予想。なので、ここからのロングエントリーは危ないと判断しています。細かい部分は、1時間足で見ていきましょう。

 

ドル円 1時間足

f:id:Original23:20210214160709j:image

現在1時間足はA波進行中を予想。基本的にはチャネルライン上での相場展開となりますが、このラインから外れれば、一旦は短期で落下の方向転換となります。

ただ、まずはアップトレンドラインの強さに注目していきましょう。

 

まとめ

何でこんなに豪ドルが買われているの?っと思っている時点で、為替以外の指標で豪ドルが反応している証拠だと思います。

そういう時は、テクニカル分析に頼るしかない状況にないので、是非参考にして下さい。

それと、来週はRBAも注目している豪雇用統計の発表です。そちらも見所です。

 

では、ありがとうございました。