ぼび太のシンプルFX

この記事は、1週間分の各通貨ペアのトレード情報を紹介した解説ブログになります。なるべく初心者の方にも分かりやすいように説明しているので、是非参考にして下さい。

豪ドル円 来週の見通し

f:id:Original23:20210221121235j:image

この記事は、謎の豪ドル買いが継続中の中、来週の豪ドル円相場の見通しを、日足・1時間足のテクニカル分析を中心に解説していきます。

ただ分かる範囲で、ファンダメンタルズ分析も解説しますので、是非参考にしてみて下さい。

 

もくじ

 

はじめに

このブログは、5年目のトレーダーが勝ち始めて2年しか経っていませんが、それでも年間500pipsを維持している為、ある程度、信頼性のある記事だと思っています。 とてもシンプルに書いている為、初心者・更には中級者にも読みやすく書いてあるので、参考にして頂ければと思っています。

 

ドル円 来週の見通し

  • RBA理事会の豪ドル買い制御
  • エストパック銀行の予想
  • 週末の謎の豪ドル買い

以上4つのテーマで解説していきます。

来週の豪ドル円相場の見通しは、引き続き上昇目線を予想します。

週末の謎の豪ドル買いは、何だったんでしょうか?メディア予想では、オーストラリアの資源物である銅が買われているとか。

中々、このような情報を収集するには、色々調べる必要があり、また来週もFX以外の指標で動く場合があるので、ファンダメンタルズ的には、難しい場面が続くと思います。

まぁ〜どちらにしても、オーストラリア経済は、他の先進国と比べて、経済が回復しているのは事実なので、豪ドルの売り所がない以上は、買われ続けてもおかしくはないですね。

その為、来週はドル円同様、豪ドル円テクニカル分析を中心にトレードしていきます。

ただ、FX関連の情報もチラホラ入ってきているので、そちらの方はお伝えしていきます。

では、早速解説に入ります。

 

RBA理事会

現状の豪ドル買いに、RBA理事会も警戒している事から、今週RBA理事会より発言がありましたので紹介します。

(ケント総裁補佐の発言)

  • 今後も豪ドル相場に下向きの圧力をかけるものになる。

この発言により、82円台で豪ドル売りも観測されました。

ここまで豪ドル買いになると、当然オーストラリア経済も急速なデフレとなってくるので、更なる金融緩和が必要になってくる事でしょう。なので次回のRBA理事会に注目が集まります。

ただ今週、豪雇用統計の発表があり、失業率の低下や、雇用者数は予想よりも下回ったものの、それ程悪い結果が出なかった事が好感され、更なる豪ドル買いとなっているので、金融緩和だけで、今の豪ドル買いを抑えられるとは思えない状況だと思います。

個人的には、RBA理事会が金融緩和をするよりは、米経済が回復してこない限り、豪ドルは買われ続けていくのではないかと予想していますが、果たしてと言った感じです。

 

エストパック銀行の予想

今週ウエストパック銀行が、第1四半期決済を発表され、前年比よりプラスになった事を公表。その背景には、住宅市場が回復されていて、住宅ローンの販売も活発になった事が要因らしいです。

この結果に、ウエストパック銀行最高責任者が、次のコメントをしています。

  • 労働市場は、想定外を遥かにこえる底堅さを示している。
  • 国内のコロナウイルス感染状況には、依然不透明感はあるものの、楽観的正当な見方はできる。
  • 次回の決算発表は、予想を下回るかもしれないが、10月〜12月には、景気回復で、業績が改善されるだろう。

以上のコメントにより、オーストラリア経済が先月よりも、さらに回復しているのが分かりますね!

 

謎の豪ドル買い

週末に、謎の豪ドル買いが発生しました。勿論、メディアも全く違う理由を、それぞれ公表しているので、当然私が分かるわけがありません。その為、株や先物に原因があったのだろうと、勝手に解釈!笑

ただ、少なくとも82円台でショートポジションを持った投資家達が、一斉に決済した事で、82円台から一気に上昇したのは事実。

また、どこかでショートポジションを持つだろうと思っていますが、少なくとも83円ではないだろうと思っています。

 

米経済対策

26日にも採決される1.9兆ドル経済対策ですが、現在、バイデン大統領が過剰な財政政策を実行している為、将来的に財政赤字になるだろという予想から、市場はリスク回避の動きに。

私は、財政政策となれば、米ドルが買われると思っていましたが、まさかの米ドル売りに、少し疑問を持っています。その為、成立した瞬間の豪ドルに注目していき、事実を確かめる必要があります。

もし、豪ドルが売られれば、財政政策通りの展開であり、豪ドルが買われる展開になれば、やはりリスク回避に動いていると認識できるので、次の財政政策時の良い資料になりますね!

こちらも注目して行きましょう。

 

ドル円 テクニカル分析

ここからは、上記のファンダメンタルズ分析をベースに、テクニカル分析でより具体的に解説していきます。

 

ドル円 日足

f:id:Original23:20210221184954j:image

現在日足は5波継続中と予想。まぁ〜ここまでくれば、意識されるレジスタンスラインは84円となるので、そこまでは伸びると予想していきましょう。

また、現在83円なので、84円までは1時間足・もしくは4時間足で、細かく見て行き反転ポイントを探って行きましょう。

 

ドル円 1時間足

f:id:Original23:20210221185435j:image

現在1時間足は3波もしくは4波と予想しています。この位置から新規でエントリーをするのはリスクがあるので、落下対象となる材料を探していきましょう。

現時点で落下対象となるのは、豪小売売上高なので、落下すれば押し目買いをオススメします。逆に上昇してしまったら、84円に到達するまで待つしかないですね!

 

まとめ

来週も、目に見える材料がないので、テクニカル分析一本になると思います。

ただ、経済対策の採決には警戒して下さい。

 

では、ありがとうございました。