ぼび太のシンプルFX

この記事は、1週間分の各通貨ペアのトレード情報を紹介した解説ブログになります。なるべく初心者の方にも分かりやすいように説明しているので、是非参考にして下さい。

短期トレード  NZドル円

f:id:Original23:20210302204836p:image

この記事では、現在、週足・日足でも落下シグナルがでている NZドル円を、4時間足を使ったテクニカル分析をメインに解説していきます。

また、週間トレードでは解説していない、 NZドル円カナダドル円等をメインに解説して行くので、是非参考にして下さい。

 

もくじ

 

はじめに

5年目のFXトレーダーほび太が、年間500pipsを維持している手法を少しだけ公開!

かなりシンプルなだけに、初心者でも簡単に真似する事ができると思います。また、記事の最後には、勝つ為の基礎知識も書いているので、是非参考にしてみて下さい。

 

 NZドル円 ファンダメンタルズか分析

まずは簡単に、今日まで報道された事を解説していきます。

 

利下げ示唆

今日までの報道と言っても、 NZドルに影響を与えた事と言えば、昨日のRBNZホークスビー総裁補佐の発言です。以下

  • 中銀(RBNZ)は、相場を注意深く見ていて、市場で何が起こっているのか把握している。
  • 中銀は、引き続き現状の金融緩和を維持していく。
  • 必要とあらば、政策金利を引き下げる準備ができている。

以上のように、RBNZもNZドル高に警戒している発言をしていますね!また、市場を把握しているという事は、 NZドルの落下シグナルが点灯している事に気づいていて、その状況に合わせてのこの発言なので、落下を誘うRBNZの発言とみて間違いないと思います。

 

明日以降のイベントに注目

さて!現在株価の流れで相場も動いている状態。そんな時は、株価のチャートも見ながら、相場分析もしましょうなんて事は言いません。

テクニカル分析を重視して下さい。

ただ、FXに関連した情報は把握するべきだと思うので、重要な事だけをお伝えします。

  • 明日の米雇用統計に注目。

現状、米経済指標が良好な場合、 NZドル円は円に吊られての動きをしているので、注意して下さい。

  • 1.9兆ドル経済対策

私は成立していると思っていましたが、相場の動きに注目して行きましょう。

 

 NZドル円 テクニカル分析

ここからはテクニカル分析を解説します。

 

 NZドル円 4時間足

f:id:Original23:20210303205612p:plain

現在4時間足は、大きなA波が終了してB波に入っていると予想しています。

1時間足で見てもらえればわかると思いますが、78円に強いレジスタンスラインがあり、そこで反発されているので、一度ショートエントリーするのも良いですね!

ただし、あくまでも日足・4時間足は、まだ上昇目線です。週足チャートに長いヒゲが出ていて、かなり濃厚な落下シグナルが出ていますが、目線は、チャネルラインを割らない限り上目線なので、チャネルライン付近まで来たら、ロングエントリーをして、上昇をフォローしとくのも良い手です。

気をつけてトレードを!
 

FXで勝つ為の基礎知識

今回も、簡単で単純ながら、とても大事な事をお伝えしていきますので、是非参考にしてください。

 

待つ

物凄くシンプルですが、トレーダーにとっては最大の難関!むしろ、分析より難しい行動だと思います。

では、何故待つ事ができないのか?それは、間違えていたとしても、チャートの世界を把握していないからです。ここまで待つ!という予想が立てられないから、待つ事が出来ないんですね〜!

私が普段引いているトレンドラインでも、それにプラスされたチャネルラインでもよいので、何回でも、記事に張り付いている画像で勉強、特訓をして下さい。

確実に勝率が伸びるので、オススメです。

 

では、ありがとうございました。