ぼび太のシンプルFX

この記事は、1週間分の各通貨ペアのトレード情報を紹介した解説ブログになります。なるべく初心者の方にも分かりやすいように説明しているので、是非参考にして下さい。

短期トレード 豪ドルドル

f:id:Original23:20210315123334p:image

短期的に見た豪ドルドル相場の現状は、上目線が優勢と見ていますが、0.78のレジスタンスラインで反発されているのも確かです。

その事から、0.78を軸に三角持ち合いをイメージしています。どちらに抜けるかは、豪雇用統計・FOMC次第となる為、こちらの報道に注目していきましょう。

それでは、4時間足を使ったテクニカル分析をメインに、豪ドルドル相場を解説していきます。

 

もくじ

 

はじめに

5年目のFXトレーダーほび太が、年間500pipsを維持している手法を少しだけ公開!

かなりシンプルなだけに、初心者でも簡単に真似する事ができると思います。また、記事の最後には、勝つ為の基礎知識も書いているので、是非参考にしてみて下さい。

 

豪ドルドル ファンダメンタルズ分析

まずは、簡単に豪ドルドルに関連する経済状況を解説しでいきます。

 

経済指標

月曜日早々に中国経済指標の結果が良好だった事に、豪ドルが買われやすくなると思っていましたが無反応でした。

今週、RBAも注目している豪雇用統計の発表があり、FOMCの結果待ちという理由もあるかもしれませんが、豪雇用統計の結果が良好でも豪ドルの上昇が鈍い反応を示せば、0.78をレジスタンスラインを軸に落下するのではないかと思います。

 

今後の豪ドルドルの見通し

2通りのパターンを書いてみました。

(豪ドル売り/米ドル買い)

  • ロウ総裁が、2024年まで利上げの可能性は薄いと発言した事。
  • 豪経済指標の良好結果が、鈍化または一服している事。
  • 米経済が回復してきている事。特に米雇用統計の結果が良好だった事が要因。

(豪ドル買い/米ドル売り)

  • 1.9兆ドル経済対策で米ドルをばら撒いた事により、ダウ先物が上昇。
  • 今週開催されるFOMCでパウエル議長が長期金利に対して、何らかの措置を取れば、ダウ先物が上昇と共に米ドル売りとなる。
FOMC

今週開催されるFOMCに注目です。パウエル議長が長期金利に対し、何らかの措置を取れば米ドル売りの反応に!措置を取らなければ、リスク回避の米ドル買いになると予想。

ただ先月の議事録では、長期金利の上昇については無反応だった為、今の所は米ドル買いが有利とみています。



 

豪ドルドル テクニカル分析

では、4時間足を使って解説します。

 

豪ドルドル 4時間足 

f:id:Original23:20210315203623p:plain

現在4時間足はチャネルラインで動いていると予想します。軸は0.78レジスタンスラインになります。そこを基準に方向性が決まるかなぁという予想です。

現状、アップトレンドラインチャネルライン内にある為、若干迷う相場ですが、中国経済指標の無反応差を考えると、若干米ドル買いに動いている可能性もあります。

ただし、先程も言ったように、迷いそうな相場なので、どっちに抜けるか確認してからのトレードが硬いエントリー方法だと思うので、今は様子見が1番でしょう。

また、このラインはしばらく使えそうなので忘れずに!

 

まとめ

難しい相場状況ですが、まずは、今週のメインイベントであるFOMCの内容と、その後の相場の動きに注目していきましょう。

 

では、ありがとうございました。