ぼび太のシンプルFX

この記事は、1週間分の各通貨ペアのトレード情報を紹介した解説ブログになります。なるべく初心者の方にも分かりやすいように説明しているので、是非参考にして下さい。

豪ドルドル 来週の見通し(落下予想)

f:id:Original23:20210321120641j:image

来週の豪ドルドル相場の見通しは、今週末にパウエル議長から、量的緩和の一部を終了させるという発表に米ドル買いが加速。その影響で、豪ドルドル相場に落下シグナルが付いた事から、エリオット波動B波の落下と予想。

さらに詳しい理由については、今週のファンダメンタルズ分析と、現状の相場をテクニカル分析で解説していきます。

 

もくじ

 

はじめに

このブログは、5年目のトレーダーが勝ち始めて2年しか経っていませんが、それでも年間500pipsを維持している為、ある程度、信頼性のある記事だと思っています。 とてもシンプルに書いている為、初心者・更には中級者にも読みやすく書いてあるので、参考にして頂ければと思っています。

 

豪ドルドル 来週の見通し

  (来週の方向)

  • 日足にエリオット波動B波を予想で下目線で見ていきます。
  • トレンドラインから外れている事で、上昇は限られている事で、良くて落下、悪くてもレンジ相場と予想

 (来週のテーマ)

  • 引き続きダウ先物の落下で、ドルがどこまで買われるかに注目
  • 米中関係に改善なし
  • 材料不足

以上のテーマで解説していきます。

 

ダウ先物の落下

ダウ先物の落下を誘った原因は、もちろん今週末のパウエル議長の発言です。

内容は、パンデミック対応で導入していた金融緩和向けの補完的レバレッジ(SLR)の条件緩和措置を今月いっぱいで終了すると言う内容でした。いわゆる金融緩和の一部を縮小するという解釈で良いでしょう。

この発言を受けて、ドル買い豪ドル売りの展開になっています。

今月に入って、ワクチン接種の期待から、アメリカ経済が回復しているみたいなので、徐々に金融緩和を縮小する可能性もあります。

一部では、来年金融緩和を更に縮小する報道も流れているので、徐々にドル買いになる展開になっていきそうなので、豪ドルが売られやすい局面ですね!

今後の相場に注目して行きましょう。

 

現状の豪ドル

私が落下予想をした理由に、豪経済指標の結果が改善されながらも、上値が徐々に限られた事にあります。ポイントになったのは、今週の豪雇用統計です。

まぁ〜パウエル議長の発言内容が強かった事もありますが、戻りが鈍いという事から、今回の予想をしてみました。

また豪経済指標は、ほぼパンデミック前の水準に戻りつつあるという事もあり、一旦経済指標を材料視しなくなったのも、私が予想した基準です。簡単に言えば、豪ドル買いのピークを過ぎたと言えば良いでしょう。

となると、今後の豪ドルの動向は、やはりアメリカ経済の状態、もしくは上記にも書いたFRB、またRBAの動向次第になるでしょう。

 

米中関係にも少し注目

まだ為替に直接影響はしていませんが、今週、中国がこれまで行ってきた人権問題に対し、米日豪が制裁を課す事を発表。

これに対し、中国も対抗して制裁を課す行動に出ています。今後の報道に注目していきましょう。

 



豪ドルドル テクニカル分析

ここからは、テクニカル分析で解説していきます。引き続き、パウエル議長の発言が相場に影響を与えると予想しているので、豪ドル売り観点で分析をしました。

 

豪ドルドル 日足

f:id:Original23:20210321142141j:image

現在日足は、エリオット波動B波と予想しているので、まずは0.76付近までの落下予想で見ていきたいと思います。

また、アップトレンドラインから大きく外れているので、0.76に到達後も引き続き落下目線で見ていきたいと思います。

 

豪ドルドル 1時間足

f:id:Original23:20210321142519j:image

現在1時間足はエリオット波動4波と予想していますので、0.77までの落下に期待したい所。ただ基本レンジ相場内での動きになるので、戻りにも注意。

このレンジラインを抜けた時点で、日足がエリオット波動C波の動きになるでしょう。

因みに、レンジラインの上限を0.784としていますが、0.78のレジスタンスラインに反発される予想でいます。

 

まとめ

来週は、豪ドルに直接関わる材料がない為、材料不足が懸念されます。

引き続きダウ先物の動きや、株価関連の報道で豪ドルが動く展開を予想します。

 

では、ありがとうございました。