ぼび太のシンプルFX

この記事は、1週間分の各通貨ペアのトレード情報を紹介した解説ブログになります。なるべく初心者の方にも分かりやすいように説明しているので、是非参考にして下さい。

豪ドル円 来週の見通し(ダウ先物次第で相場状況が一変)

f:id:Original23:20210328112746j:image

中々しぶとい上昇を見せる豪ドル円相場。来週はどんな相場展開になるでしょうか?そのポイントになるのがダウ先物です。

という事で、来週の豪ドル円相場を再び上昇目線に切り替えますが、下目線も視野に入れた上で、ファンダメンタルズ分析を中心に、テクニカル分析で具体的に解説していきます。

 

 

はじめに

このブログは、5年目のトレーダーが勝ち始めて2年しか経っていませんが、それでも年間500pipsを維持している為、ある程度、信頼性のある記事だと思っています。 とてもシンプルに書いている為、初心者・更には中級者にも読みやすく書いてあるので、参考にして頂ければと思っています。

 

ドル円 来週の見通し

 (来週の豪ドル円の方向性)

  • とりあえずは上昇目線に切り替え
  • ただし、上昇が弱くなって来ている事から下目線も視野に入れていく

 (来週の豪ドル円のテーマ)

  • ダウ先物次第
  • 経済指標に注目
  • 材料不足
  • 米中関係にも引き続き注目

以上4つのテーマで解説していきます。

 

ダウ先物次第

豪ドル自体が材料不足なので、引き続きダウ先物に注目が集まります。

現状のダウ先物は、米経済の回復を示唆するパウエル議長・FRBの発言から米ドル買い/円売りの流れになっています。

又、量的緩和を継続を維持すると発表している事から、安心のダウ先物買いになっていると予想しています。

円売りとなれば、逃げる先は現在安全通貨の豪ドル買いになるでしょう。

という事で、FRB量的緩和の継続あるいは、米経済回復が活発になる事で、オーストラリア経済が安定し続ける限り、豪ドルが買われやすい状況が続きます。

 

第2弾米経済対策に注目

ダウ先物が上昇する今後の要因として、バイデン大統領が提案している第2弾経済対策があります。

今週、まだ計画段階である事から公表していませんが、来週以降公表されると市場が予想していますので、ドル円と共に更なる豪ドル円の上昇に期待できそうです。

 

経済指標に注目

来週、注目される豪経済指標はありませんが、ダウ先物ドル円に吊られている現状の豪ドル円も、やはり米経済指標が重要になってくると思うので、注目していきましょう。

豪経済指標と米経済指標は以下の通り。

 (豪経済指標と中国経済指標)

  • 3/31  中国PMI指数
  • 4/1    豪貿易収支
  •          中国財政PMI

(米経済指標と日本経済指標)

  • 3/30 日本雇用統計   ⤴︎
  • 3/31 米ADP雇用者数       ⤴︎ 
  • 4/1   日銀短観     ⤴︎    
  • 4/1   米ISM製造業指数    ⤴︎
  • 4/2   米雇用統計    ⤴︎   


 

ドル円 テクニカル分析

ここからは、来週の豪ドル円相場をテクニカル分析で解説していきます。

ここまでファンダメンタルズ分析を解説して来ましたが、現状豪ドル円ドル円に吊られている状況であり、ドル円が落下する要因が見つからない為、豪ドル円も上目線で見ていきたいと思います。

ただし、豪ドル円も上昇が鈍り始めているので、下目線も対応できる相場戦略が必要になるので、そちらも一緒に解説します。

 

ドル円 日足

f:id:Original23:20210328143944j:image

現在日足はすでに5波と予想しているので、後はアップトレンドラインから完全に外れるまで様子見、あるいはロングエントリーで様子見をしていきます。

当然84円レジスタンスラインがあるので、この部分での反発具合いにも注目していきましょう。

84円を抜ければ、後はボリンジャーバンドで84円から85円の強弱を確認をしていきましょう。というのも、レンジ相場になっている可能性もあり得るので、今は上昇してるからと言ってそのままロングエントリーを継続するのも危ない感じがするので、臨機応変な対応が必要になって来ますね!

それと、まだ84円レジスタンスラインでの戻り売りが試されていないので、もしかしたら、来週84円以上の戻りに失敗する動きにもなるかもしれませんので注意して下さい。

 

ドル円 1時間足

f:id:Original23:20210328145255j:image

現在1時間足は1波もしくは3波と予想。1波は流石に!っと思うかもしれませんが、2波の動きが確認できていないので、これが1波となれば、かなりの上昇が期待できそうです。

とりあえずは、日足の上昇が限られている状況ですが、アップトレンドラインがに沿ってロングエントリーをしながら、豪ドル円の相場状況の様子を見ていきましょう。

 

まとめ

ドル円自体のファンダメンタルズ分析的には上目線ですが、テクニカル分析ではそろそろ下をみても良い頃合いだと思っています。

ただ現実は短期的に急上昇している豪ドル円なので、それに反発する様なエントリーはNG!

従って、ロングエントリーをしながら豪ドル円相場を分析していく必要がありますので、十分注意しながらトレードしてください。

 

では、ありがとうございました。