ぼび太のシンプルFX

この記事は、1週間分の各通貨ペアのトレード情報を紹介した解説ブログになります。なるべく初心者の方にも分かりやすいように説明しているので、是非参考にして下さい。

豪ドルドル 来週の見通し(上昇基調)

スポンサーリンク

f:id:Original23:20210418192912j:image

日足目線では、現在エリオット波動2波もしくは3波の上目線で見ている豪ドルドル相場ですが、来週はどうなるのでしょう。また、

  • 一体何が原因で上昇したの?
  • 今後更に上昇するの?
  • 落下はしないの?

という疑問もあると思うので、そこについても説明しながら、来週の豪ドルドル相場を

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析で、具体的に解説していきたいと思います。

 

 

はじめに

このブログは、5年目のトレーダーが勝ち始めて2年しか経っていませんが、それでも年間500pipsを維持している為、ある程度、信頼性のある記事だと思っています。 とてもシンプルに書いている為、初心者・更には中級者にも読みやすく書いてあるので、参考にして頂ければと思っています。

 

豪ドルドル 来週の見通し

 (来週の方向)

  • エリオット波動3波の可能性が強い形にらなっている事から、おそらく更に上昇する可能性があります。
  • 4時間足では、エリオット波動2波の可能性が強い。

 (来週のテーマ)

  • コモンウェルス銀行が、今後のオーストラリア経済をポジティブに予想した事に、豪ドル買いの反応。
  • 米中関係の悪化が気になる。

以上2つのテーマで解説していきます。

 

コモンウェルス銀行の発言

今週コモンウェルス銀行が予想した、今年のオーストラリア経済状況の、ポジションコメントに、市場は豪ドル買いの反応。

(コモンウェルス銀行の発言)

  • 豪ドルは過小評価されている
  • 世界経済の見通しは豪州の成長期待からなる。その為、今後豪ドルがプラスに動く。
  • 今年までの失業率の予想を、5.5%〜5.0%まで引き下げる。

又、後日、豪雇用統計の発表があり、結果が良好でしたが、こちらはすでに織り込み済みだった事もあり上昇は限定的でした。

来週も上昇となれば、こちらの発言が材料視されている可能性が強いでしょう。

 

米中関係に注目

この所、米中関係の報道がたくさん入ってきています。今の所為替に影響は見られてないものの、豪ドルドルを触っているトレーダーは気をつけて下さい。

もしかしたら、来週には材料視される事もありえます。

 

ファンダメンタルズ分析 まとめ

 (豪ドルドル 上昇要因)

 (豪ドルドル 落下要因)

  • 米中関係の再悪化
  • 豪ドル関連の経済指標の数値が、パンデミック前の水準に戻った事により、反応も鈍化。


  豪ドルドル テクニカル分析

ここからは、テクニカル分析で具体的に解説していきます。

 

豪ドルドル 日足

f:id:Original23:20210418212335j:image

上記でも言いましたが、現在日足はエリオット波動3波の可能性が高い上昇となっています。

少し、前回の落下がABC45波となっているのかなぁ?とも思っているので、現在の上昇がCだった場合は、カウントミスになりますが、どちらにしても、日足の3波もしくはC波だけ取れれば良いと思っているので、そこはあまり気にしないで、この上昇だけを取りに行く戦略でいます。

という事で、後は短期で見ていきましょう。

 

豪ドルドル 1時間足

f:id:Original23:20210418212907j:image

現在1時間足は、アップトレンドラインから外れている事もあり、上昇一服で調整レンジ相場に入っています。

ただし4時間足で見ると、1時間足のレンジ相場は、2波とも言える値動きなので、私が引いたアップトレンドラインに沿ってロングエントリーをするのも悪くはないかなぁという見方でいます。

 

まと

中々分かりづらい相場が続いていますが、米中関係の悪化だけは、豪ドル売りが基準となる材料なので、そこだけ気にしてトレードして下さい。

 

では、ありがとうございました。