ぼび太のシンプルFX

この記事は、1週間分の各通貨ペアのトレード情報を紹介した解説ブログになります。なるべく初心者の方にも分かりやすいように説明しているので、是非参考にして下さい。

豪ドルドル 来週の見通し

スポンサーリンク

f:id:Original23:20210424201146j:image

日本緊急事態宣言の影響をあまり受けていない豪ドルドルですが、私は豪ドル円同様、豪ドルドルもこの先落下していく予想をしています。

その理由を、来週の豪ドルドル相場の予想に合わせて、テクニカル分析主体で解説していきます。

 

 

はじめに

このブログは、5年目のトレーダーが勝ち始めて2年しか経っていませんが、それでも年間500pipsを維持している為、ある程度、信頼性のある記事だと思っています。 とてもシンプルに書いている為、初心者・更には中級者にも読みやすく書いてあるので、参考にして頂ければと思っています。

 

豪ドルドル 来週の見通し

 (来週の方向)

  • 週足チャートを見る限り、エリオット波動B波を形成している事から、来週もしくは再来週には、エリオット波動C波を迎え、落下すると予想。
  • ただし、日足は方向感がなく、引き続きレンジ相場が継続しそうです。

 (来週のテーマ)

  • FOMCに注目
  • 経済指標

以上2つのテーマで解説します。

 

FOMC

まずはFOMCに注目していきましょう。

来週開催されるFOMCに注目が集まります。その注目内容は、量的緩和の縮小についてです。

現時点では、FRB量的緩和を縮小するか、継続するか分からない状態。

  • 縮小あるいは縮小時期を明確化すれば、米ドル買い/円売りで、豪ドルドルは上昇。
  • 量的緩和を継続すれば、金利の利上げ時期が遅れるだけなので、若干リスク回避の米ドル売り/円買いになるかも。豪ドルドルは落下。

どちらにしても、市場がFOMCに関心を寄せていれば、報道が入り次第相場が動くと見ています。その場合、FOMCが発言後、すでに織り込んでいる可能性もあるので注意して下さい。

まぁ〜まずは様子見ですね!

 

経済指標

来週、注目される経済指標は以下の通り。

 

好調なオーストラリア経済

現在落下シグナルが点灯している豪ドルドルですが、経済状況は相変わらず好調みたいですね。それを、確認できる発言は以下の通り。

 (RBA理事会での発言)

  • オーストラリア経済は予想以上の回復をしている。

 (コモンウェルス銀行の発言)

  • 豪ドルは過小評価されている
  • 世界経済の見通しは豪州の成長期待からなる。その為、今後豪ドルがプラスに動く。
  • 今年までの失業率の予想を、5.5%〜5.0%まで引き下げる。

 (ナショナルオーストラリア銀行の発言)

  • 今年、下半期までに豪ドルドルは0.85まで上昇すると予想。

以上の事から、今後豪ドルドルが落下していくとしても、その間、オーストラリア経済にリスク回避材料が出てこない限り、調整落下と見てくれればと思います。

 

ファンダメンタルズ分析 まとめ

 (豪ドルドル 落下要因)

  • ダウ先物の高値警戒から決済売りで、為替は、米ドルの買い戻し。
  • 豪経済指標の数値が鈍化した事で、市場の関心が薄くなってきた。

 (豪ドルドル 上昇要因)

  • 2兆ドルインフラ経済対策の合意
  • 堅調なオーストラリア経済
  • FRB量的緩和の縮小に期待

 



豪ドルドル テクニカル分析

ここからはテクニカル分析で解説していきますが、今週だけ週足チャートも含め分析していきます。

 

豪ドルドル 週足

f:id:Original23:20210425101628j:image

現在週足は、アップトレンドラインから、大きく外れている事もあり上昇が一服。それから0.78付近で上髭が出ている事から、それを落下シグナルと判断し、現状をエリオット波動B波と予想した上で、来週は落下すると予想しています。

 

豪ドルドル 日足

f:id:Original23:20210425103225j:image

ただ、現在日足はエリオット波動2波みたいな動きをしている為、更なる上昇があるかも知れないので警戒したい所です。

それでも、基本はレンジ相場の可能性も高く、ここまで大きく上昇してきた、アップトレンドラインからも大きく外れている事から、上昇はあり得ないと判断し、ショートエントリーが優勢であると見ています。

 

豪ドルドル 1時間足

f:id:Original23:20210425104038j:image

現在1時間足は、エリオット波動C波を予想。アップトレンドラインを引いていますが、もしC波が終了していれば、このアップトレンドラインを割ると思うので、そうなった場合は、一度ニュートラルの状態に戻り、次の材料待ちとなるでしょう。

 

まとめ

豪ドルドルに関しては、ファンダメンタルズ分析的にもテクニカル分析的にも、難しい状況が続いていますが、ここまで上昇してきた豪ドルドルも、そろそろ限界を迎えている事を単純に思うと、ショートが優勢になってきても良い時期かなぁと思ってしまいます。

でも、まずはテクニカル分析でしっかり分析した上で判断して下さい。

 

では、ありがとうございました。