ぼび太のシンプルFX

この記事は、1週間分の各通貨ペアのトレード情報を紹介した解説ブログになります。なるべく初心者の方にも分かりやすいように説明しているので、是非参考にして下さい。

豪ドルドル 来週の見通し

f:id:Original23:20210606195842j:image

今週は、またまたサプライズ発表となった米雇用統計の悪化で、再び米ドル売り/豪ドル買いの展開になりましたが、来週からは再来週に控えるFOMCに焦点を合わせた相場状況になりそうです。

  • という事は、豪ドル買いが優勢になるの?
  • 更に、豪ドルドルの上昇となるの?
  • 来週のテーマはないの?

以上の疑問も含め、ほび太なりのファンダメンタルズ分析とテクニカル分析で、来週の豪ドルドル相場の予想を解説していきます。

 

 

はじめに

このブログは、5年目のトレーダーが勝ち始めて2年しか経っていませんが、それでも年間500pipsを維持している為、ある程度、信頼性のある記事だと思っています。 とてもシンプルに書いている為、初心者・更には中級者にも読みやすく書いてあるので、参考にして頂ければと思っています。

 

豪ドルドル 来週の見通し

 (来週の方向)

  • 引き続き、0.77〜0.782のレンジ相場を予想していきますが、日足のアップトレンドラインから外れているので、上昇はないと見て、レンジ相場or落下目線で見ていきます。

 (来週のテーマ)

  • 再来週のFOMCに注目が集まる。
  • 1.7兆ドルインフラ経済対策に期待。
  • 6兆ドル予算案の行方
  • 経済指標

以上4つのテーマで解説していきます。

 

米雇用統計の悪化で米ドル売り

米雇用統計の悪化で、今の所は短期的な米ドル売り/豪ドル買いとなっていますが、この影響が少なくとも、再来週に控えるFOMCまで続くと見られます。

そのFOMCでは、量的緩和の行方に注目が集まっていますが、米雇用統計の悪化で量的緩和の継続は濃厚と判断している市場は、米ドル売りに集中しているかもしれません。

ただし、以前から大半のFRBメンバーが、

  • 資産購入ペース縮小の協議は適切な時に開始。
  • 現状のFRBの政策を変更すべきではない。
  • 変更する時期は、9月・10月・11月と多くある。
  • 時期尚早。

と!発言を繰り返し言っているので、市場もそこまで期待していないような感じがします。

また、量的緩和が継続されても、今後のポジティブなガイダンスが流れる可能性があります。例えば、9月以降本格的な量的緩和の縮小について協議をするとか。このような発言が出れば、米ドル売りが制御されるでしょう。

という事で、量的緩和の継続が市場の間で、織り込んでいれば、米ドル売りは限定的と見ているので、来週の豪ドルドルの動きに注目です。

 

勢いがなくなってきた豪ドル

自国の経済指標では、動きが限定的になってきた豪ドル。後は、先程お伝えした米経済の動き次第となりますが、それでも過去1ヶ月間の相場状況から、85円を抜くのは厳しそうな感じがしています。(今の所は)

結局の所は、豪ドル買いが集中しているから、売り手がいなく、相場が動かないのが現状なんでしょう。

という事で、一旦落下して、豪ドル売りを誘い込まない限りは、豪ドル買いによる上昇はないかなぁとみている相場状況です。

 

米経済対策に注目

豪ドルの動きが鈍いと言いながらも、気になる米1.7兆ドルインフラ経済対策の行方と、6兆ドル予算案の行方。

この指標は、公表された当時は豪ドル買いに動いていたので、成立されれば材料視されない限りは豪ドル買いとなるでしょう。

という事で、この指標にも注目していきましょう。

 

米経済指標

来週注目を集める経済指標をまとめました。

来週は中国経済指標がありますが、最近あまり動かないので外します。また、豪経済指標も重要視されそうな指標がないので、上記の経済指標に注目していきましょう。

 

ECB理事会には注意

上記の経済指標の中で、特に気にする指標がECB理事会です。もちろん米経済指標も気にする必要がもありますが、ECB理事会に関しては、量的緩和の意見が割れているので、ラガルド総裁の発言次第ではユーロ売りの発展になりそうです。

その結果、どの通貨を買われるかは不透明。

候補としては、米ドル買い・円買い・豪ドル買いのどちらかでしょう。

ECB理事会に関しては、ユーロ円のブログを見てください。

 

豪ドルドル テクニカル分析

ここからは、テクニカル分析で解説します。尚、今回は4時間足のみの解説になるので、よろしくお願いします。

 

豪ドルドル 4時間足

f:id:Original23:20210606212201p:image

現在4時間足は、0.77〜0.782までのレンジ相場内での動きになっています。

また、レンジ相場でも、三角持ち合いになっている感じもするので、これをエリオット波動B波と捉えても良いかもしれません。ただし、再びレンジ相場になる可能性があるので、ここは慎重にお願いします。

どちらにしても、日足のアップトレンドラインからは大きく外れているので、後はレンジ相場or落下という見方が一般的ではないでしょうか。

とりあえずは、FOMCに向けた米ドル売りの限度を一度見てからエントリーが硬いかなぁと思っています。

 

まとめ

FOMCや米1.7兆ドルインフラ経済対策、それから6兆ドル予算案の行方で、相場がどんな動きをするのか?よりも、豪ドル買いが鈍くなってきているのが、ポイントだと思っています。

上記で説明した通り、豪ドル買いに集中しているので動かなくなったという理由も、現状の相場状況では根拠として成立します。

そのくらい気になっているので、もしかしたら、現在のファンダメンタルズ分析は関係なしに、豪ドルドルが落下するかもしれませんので注意して下さい。

 

では、ありがとうございました。