ぼび太のシンプルFX

この記事は、1週間分の各通貨ペアのトレード情報を紹介した解説ブログになります。なるべく初心者の方にも分かりやすいように説明しているので、是非参考にして下さい。

ユーロドル 来週の見通し

f:id:Original23:20210627163532j:image

ECBラガルド総裁のハト派発言の影響で、パウエル議長の議会証言のハト派的発言と、1.7兆ドル経済対策による米ドル売りも、上値が重い状況になっている今週のユーロドル相場。

まぁ〜日足チャートを見ると、高値付近でレンジ相場が続いているので、上値が重いのも納得しますが、来週は米重要経済指標があります。そこでどんな感じで動くのか?に注目していきましょう。

  • ユーロ円相場と同じ落下予想?
  • ゴールドマンサックスは、今年中にユーロのテーパリング予想をしているけど?
  • 来週のテーマは?

以上の疑問も含め、ほび太なりのファンダメンルズ分析とテクニカル分析で、来週のユーロドル相場を解説していきます。

 

 

はじめに

このブログは、5年目のトレーダーが勝ち始めて2年しか経っていませんが、それでも年間500pipsを維持している為、ある程度、信頼性のある記事だと思っています。 とてもシンプルに書いている為、初心者・更には中級者にも読みやすく書いてあるので、参考にして頂ければと思っています。

 

ユーロドル 来週の見通し

 (来週の方向)

 (来週のテーマ)

  • 米経済指標に注目
  • 1.7兆ドル経済対策に引き続き期待
  • ゴールドマンサックスの予想
  • ECBラガルド総裁の発言

以上4つのテーマで解説していきますが、ファンダメンルズ分析の解説は、ユーロ円とほぼ同じ分析なので、詳しくはユーロ円の記事を見て下さい。

ただ、補足として1つだけ解説していきます。

 

ECBラガルド総裁の発言

ゴールドマンサックスが、今後のユーロは、テーパリングを今年中に実行すると予想している中、今週ラガルド総裁から、改めて今後のテーパリングと利上げについてのコメントがありました。以下の通り。

  • パンデミックの傷が残らないように財政と金融政策のサポートが必要。
  • パンデミック期間中に、良好な資金調達条件を維持。
  • 必要なら利下げ余地はまだある。
  • 財政支援の必要性は続く

この発言を聞く限り、タカ派的な発言でもなく、またハト派的発言でもない感じです。

ですが、全体的にみればハト派と受け止めています。特に(利下げ余地がまだある)という発言は、ユーロ売りに繋がっている印象です。

 

ユーロドル テクニカル分析

ここからは、テクニカル分析で解説します。

 

ユーロドル 日足

f:id:Original23:20210627203105p:image

現在日足は、エリオット波動2波を予想していますが、基本はレンジ相場よりのチャートになっているので、1.2のレジスタンスラインをポイントにエリオット波動2波を見分けていこうと思います。

 

ユーロドル 1時間足

f:id:Original23:20210627203512p:image

現在1時間足は、エリオット波動4波を予想しているので、もう少し落下しても良い感じで見ています。

 

まとめ

日足をエリオット波動2波の予想をしていて、将来的にはエリオット波動3波で落下するだろうという見方ですが、あくまでも来週は、テクニカルではなく、ファンダメンルで相場が動く予想をしているので、どちらに動くのかはわかりません。(多分落下する予想…笑)

注意していきましょう。

 

では、ありがとうございました。