ぼび太のシンプルFX

この記事は、1週間分の各通貨ペアのトレード情報を紹介した解説ブログになります。なるべく初心者の方にも分かりやすいように説明しているので、是非参考にして下さい。

豪ドル円 来週の見通し(ドル買い/円買いが継続すれば)

スポンサーリンク

f:id:Original23:20210711132107j:image

FOMCの影響でドル買い。そのFOMCドル円が上昇すると思いきや、意味不明な円買い。

RBA理事会もタカ派の発言をしたにも関わらず、米ドル買い/円買いの影響で、豪ドル円が落下。この状況が継続すれば、豪ドル円はしばらくは落下対象になります。

  • RBA理事会のタカ派発言も気になる。
  • 豪ドル買いにはならないの?
  • 来週のテーマは?

上記の疑問も含め、来週の豪ドル円相場を、ほび太なりのファンダメンタルズ分析とテクニカル分析で解説します。

 

 

はじめに

このブログは、5年目のトレーダーが勝ち始めて2年しか経っていませんが、それでも年間500pipsを維持している為、ある程度、信頼性のある記事だと思っています。 とてもシンプルに書いている為、初心者・更には中級者にも読みやすく書いてあるので、参考にして頂ければと思っています。

 

ドル円 来週の見通し

 (来週の方向)

   (来週のテーマ)

  • 引き続きFOMCの影響が大きい。
  • RBA理事会の政策内容も忘れずに。
  • 経済指標にも注目。

 

FOMCの影響

今週FOMCのテーパリングに前向きな発言で、豪ドル円が落下しました。また、よく分からない円買いもなっています。その内容は以下の通り。

  • 次回会合で、資産購入ペースの議論を強化。
  • 18人中の内13名のFRBメンバーが2023年の利上げを予想。
  • 資産購入ペース縮小を基準に向けた進展があると予想。

この影響で、米ドル買いの展開になりましたが、同時に謎の円買いも発生した為、クロス取引が大きく落下。

まぁ〜予想外の円買いになったとは言え、FOMCのテーパリング期待で米ドル買いになる事は間違いなかったので、どちらにしても豪ドル円は落下対象でした。

 

RBA理事会のタカ派発言も忘れずに

RBA理事会で、どんなにタカ派発言をしても、世界通貨の米ドル買いには敵いません。しかも過剰な豪ドル買いだったので尚更ですね。

しかし、RBA理事会での政策内容も忘れないようにしましょう。内容は以下の通り。

  • 9月上旬に、現在の債券購入プログラムが完了した後も、国債の購入は継続。
  • 少なくとも、週に40億ドル購入。
  • 予想以上の景気回復に対し、週あたりの購入額を調整。
  • 11月は、更に購入額を見直し。
  • インヘレ率が持続的に2〜3%の範囲内に留まるまで利上げをしない。
  • 少なくとも2024年までは、その目標は満たされない。

以上のように、まだまだ豪ドルが買われやすい内容です。もしかするともう一段階の上昇もあり得るので、注意しましょう。

 

今後の豪ドル円の行方

今後の豪ドル円の行方は、しばらくファンダメンタルズ上で相場が動くと予想しています。

まずは、FOMCでのテーパリング期待から当分の間は米ドル買いに動くと予想。

こちらに関しては、直近で、更に米ドル買いが加速する材料が出てきています。その後のFOMCにもテーパリング期待が集まるので、少なくとも、米ドル買いは9月まで継続していく見方でいます。

  • 7/15なパウエル議長の上院銀行委員会

その他、

  • 7/29 FOMC
  • 8/19 FOMC議事録
  • 8月のFOMC
  • 9月のFOMC議事録で政策内容を公表

それから謎の円買い反応にも注目です。

短期的な円買いだったとは言え、ドル円の日足のアップトレンドに影響がでています。

米ドル買いは間違いないとしても、円の売買次第で、豪ドル円の落下速度も違ってくるので、ドル円相場も一緒に見ていきましょう。

RBAのテーパリングについても注目です。

ただ、ここに来てロウ総裁の考えと市場の考えが大分違うようです。RBA理事会終了後のコメントでは、公表したタカ派とは違い、若干ハト派いわいる慎重な発言に変わりました。

なので、もう少しRBA理事会の今後の情報が欲しい所です。

という事で、豪ドル円の目線は、ファンダメンタルズ上でも落下目線ですので、ショート優勢で見ていきましょう。

 

経済指標

経済指標にも注目していきましょう。

7/13 米消費者物価指数
7/14 米生産物価指数

7/15 豪雇用統計
7/16 米小売売上高

FRBでは、インフレ警戒から消費者物価指数に注目しています。

RBAでは、もちろんテーパリング・利上げ期待の観点から、豪雇用統計に注目が集まります。

 



ドル円 テクニカル分析

ここからは、テクニカル分析で解説していきます。

 

ドル円 日足

f:id:Original23:20210711161208p:image

現在豪ドル円エリオット波動ABC波は終了しているものの、引き続きチャネルライン通りの落下目線です。

このチャネルライン通りに、ショート優勢と見ています。

もちろん上抜けすれば、豪ドル買いが強い証拠となります。

 

ドル円 1時間足

f:id:Original23:20210711161924p:image

現在1時間足はABC波が終了し、週末にかけて豪ドルの買い戻しになった所でクローズを迎えました。

波動はニュートラル状態なので、こちらもチャネルライン通りに進めていきましょう。

 

まとめ

来週も円が買われやすい週になるのか?それ次第で、買われすぎていた豪ドル円の落下が期待されやすくなります。

 

では、ありがとうございました。