ぼび太のシンプルFX

この記事は、1週間分の各通貨ペアのトレード情報を紹介した解説ブログになります。なるべく初心者の方にも分かりやすいように説明しているので、是非参考にして下さい。

ユーロドル 来週の見通し(1.17のサポートラインに警戒)

f:id:Original23:20210725200345j:image

米テーパリングを示唆した以降から、ユーロドルの上値が重い展開となっている今日までのユーロドル相場。

ただECBの戦略見直しにも、あまり反応がない以上、6月中旬、唯一ユーロドルの落下要因となったFRBのテーパリングの行方次第で、ユーロドル相場が動く感覚で見ています。

それでもジリジリ落下しているユーロドルは、最終的には、大きく落下するのではないか?と見ているので、下目線の予想を維持。

それでは、ほび太なりのファンダメンタルズ分析とテクニカル分析で、来週のユーロドル相場の予想を解説していきます。

 

 

はじめに

このブログは、5年目のトレーダーが勝ち始めて2年しか経っていませんが、それでも年間500pipsを維持している為、ある程度、信頼性のある記事だと思っています。 とてもシンプルに書いている為、初心者・更には中級者にも読みやすく書いてあるので、参考にして頂ければと思っています。 

 

ユーロドル 来週の見通し

 (来週の方向)

  • 日足はエリオット波動B波を予想していますが、引き続き1.17のサポートラインに警戒しつつ、ショート目線で見ていきます。
  • 1時間足は、エリオット波動4波を予想していますので、もう一段階の落下を予想しています。

 (来週のテーマ)

  • ECBのハト派発言によるユーロ売り
  • FOMC
  • 米1.2兆ドルインフラ経済対策
  • 経済指標

以上4つのテーマで解説していきますが、ユーロ円の記事と内容は全く変わらないので、詳しくはユーロ円の記事を見てください。



 

ユーロドル テクニカル分析

では、このままテクニカル分析で解説していきます。

 

ユーロドル 日足

f:id:Original23:20210725205631p:image

現在日足はエリオット波動2波と予想していますが油断禁物です。単に大きなレンジ相場になっている可能性もあります。

とりあえずは、1.17のサポートラインで反発するのを確認後、それでもなおチャネルラインに収まっていれば、1.17からの大きな落下もあり得るのかなぁという見方でいます。

 

ユーロドル 1時間足

f:id:Original23:20210725210051p:image

現在1時間足はエリオット波動4波or5波を予想しています。

とりあえずは、単純にチャネルライン通りにショートエントリーしていきましょう。

また先程も言いましたが、1.17には警戒しながらトレードしていきましょう。

 

まとめ

さぁ!まずは、直近で注目を集める1.2兆ドルインフラ経済対策に注目後、FOMCに焦点を合わせる相場展開になりそうです。

ただECBの慎重姿勢で、今まで以上の重い相場展開になると思うので、基本的には下目線が有効でしょう。

 

では、ありがとうございました。