ぼび太のシンプルFX

この記事は、1週間分の各通貨ペアのトレード情報を紹介した解説ブログになります。なるべく初心者の方にも分かりやすいように説明しているので、是非参考にして下さい。

豪ドルドル 来週の見通し(RBA理事会に注目)

f:id:Original23:20210801140930j:image

豪ドルドルも豪ドル円と同様に、RBA理事会に注目が集まります。

また、米経済に回復傾向がある事から、来週から重なる米重要経済指標の進展に期待されていますので、豪ドル円以上に豪ドル売りが加速する見方でいます。

それでも、豪ドルドルの落下は、短期的に最後になるのかなぁという見方でもいる為、ロングエントリーの準備もしておきたいですね!

それでは、以上の内容を含めながら、ほび太なりのファンダメンタルズ分析とテクニカル分析で、来週の豪ドルドル相場の予想を解説していきます。

 

 

はじめに

このブログは、5年目のトレーダーが勝ち始めて2年しか経っていませんが、それでも年間500pipsを維持している為、ある程度、信頼性のある記事だと思っています。 とてもシンプルに書いている為、初心者・更には中級者にも読みやすく書いてあるので、参考にして頂ければと思っています。 

 

豪ドルドル 来週の見通し

 (来週の方向)

 (来週のテーマ)

  • RBA理事会に注目
  • 経済指標に注目
  • 1.2兆ドルインフラ経済対策の行方

以上3つのテーマで解説していきますが、ファンダメンタルズ分析は、豪ドル円と同じ内容になるので、詳しくは豪ドル円の記事を見てください。

 



豪ドルドル テクニカル分析

ここからは、テクニカル分析で解説します。今日は、来週から8月に入るので、週足も掲載してありますので、環境認識として参考にして貰えればと思います。

 

豪ドルドル 週足

f:id:Original23:20210801144128p:image

現在週足は、エリオット波動C波と予想していますが、大きく見れば、チャネルライン上の上昇はエリオット波動A波になると思います。

つまり、このチャネルラインから抜けた時点で、エリオット波動B波だと思っていて下さい。だとすれば、ストップするラインは?になりますね!

そこを日足でしっかり確認していきましょう。

 

豪ドルドル 日足

f:id:Original23:20210801145348p:image

現在日足は、エリオット波動C波を予想。来週あたりで、更に0.74を割り込み落下すると見ています。

おそらくこの落下が、最後の調整落下になると予想していますが、この後4波となり、更に落下する事も予想されるので、分析を怠らないように!

 

豪ドルドル 1時間足

f:id:Original23:20210801145958p:image

現在1時間足は、エリオット波動4波を予想。RBA理事会の警戒や、米経済指標の進展期待から米ドル買いになりやすくなると見て、0.74を割ると見ています。

おそらく、その落下が最後の落下になると見ていますので、トレンドラインなどを引いて、しっかり対応していきましょう。

 

まとめ

RBA理事会の警戒や、米経済指標の進展により、米ドルが買われやすい状況です。しっかり豪ドル売りで利益を狙えるよう分析をしていきましょう。

 

では、ありがとうございました。