ぼび太のシンプルFX

この記事は、1週間分の各通貨ペアのトレード情報を紹介した解説ブログになります。なるべく初心者の方にも分かりやすいように説明しているので、是非参考にして下さい。

豪ドルドル 来週の見通し(一旦落下は終了)

f:id:Original23:20210807212002j:image

コロナ感染拡大の影響で、リスク回避の豪ドル売り。一度は期待が薄れた米テーパリングも、米雇用統計の進展により、再度期待されてきたことによる米ドル買い。

この状況から、当然豪ドルドルの落下が優勢。

ただRBA理事会が、この状況にも関わらず、まさかの資産購入ペース縮小を維持した事で、豪ドルドルの下値を限定的にさせています。

おそらく、来週は特別な材料がない限りは、揉み合う可能性が高いと見ている来週の豪ドルドル相場。

その事を考えると、やはり最終的な材料は、米テーパリングの行方に絞られそうですね!

という事で、上記の内容も含め、来週の豪ドルドル相場を、ほび太なりのファンダメンタルズ分析とテクニカル分析で解説していきます。

 

 

はじめに

このブログは、5年目のトレーダーが勝ち始めて2年しか経っていませんが、それでも年間500pipsを維持している為、ある程度、信頼性のある記事だと思っています。 とてもシンプルに書いている為、初心者・更には中級者にも読みやすく書いてあるので、参考にして頂ければと思っています。 

 

 

豪ドルドル 来週の見通し

 (来週の方向性)

 (来週のテーマ)

  • 米テーパリングの行方がポイント
  • ロックダウンが更なる豪ドル売り
  • RBA理事会の内容
  • 経済指標

以上4つのテーマで解説しますが、内容は豪ドル円相場とあまり変わらないので、詳しくは豪ドル円のブログを見てください。

 



豪ドルドル テクニカル分析

このまま、テクニカル分析の解説に進みます。

 

豪ドルドル 日足

f:id:Original23:20210808103915p:image

現在日足は、エリオット波動C波が終了し、ここからエリオット波動4波、もしくは、波動もニュートラルになる予想をしているので、反発上昇の可能性があります。

少し日足だと分かりづらいので、来週からは1時間足、もしくは4時間足で見ていきましょう。

 

豪ドルドル 1時間足

f:id:Original23:20210808104553p:image

現在1時間足は、エリオット波動C波が継続、もしくは、チャネルラインの下値ラインに反発され、エリオット波動C波が終了する予想でいます。

単純に、日足のエリオット波動4波の継続は、このチャネルライン内での動向です。

当然下を抜ければ、エリオット波動5の可能性が高く、上を抜ければ波動がニュートラルに戻った証拠になります。

ただ、仮に上昇し、チャネルラインを上抜けたとしても、まだまだエリオット波動4波の可能性がある為、どこかで大きく落下する可能性もあります

4波は、かなり分かりずらい動きをするので注意下ください。

という事で、まずはこのチャネルライン内での動向に注目していきましょう。

 

まとめ

豪ドルドルの落下が優勢なのは間違いないと思いますが、ただ今は、一度反発される時期。

はっきり言えば、日足は短期的に、方向感覚がない状態になりそうです。

となると、来週は1時間足のチャネルライン内で、エントリーで攻めていくのも有りかもしれません。

 

では、ありがとうございました。