ぼび太のシンプルFX

この記事は、1週間分の各通貨ペアのトレード情報を紹介した解説ブログになります。なるべく初心者の方にも分かりやすいように説明しているので、是非参考にして下さい。

豪ドルドル 来週の見通し(ジャクソンホール会合がポイント)

f:id:Original23:20210822203455j:image

豪ドルドルも豪ドル円同様、オーストラリア国内のコロナ感染者の増加により、リスク回避の豪ドル売りが加速。

その為、現状、豪ドルを買う材料がない以上、引き続き下目線で見るしかありませんが、来週はジャクソンホール会合があります。

そのジャクソンホール会合で、仮にパウエル議長が、引き続き慎重的な発言をした場合、豪ドルの買い戻しとなります。

また、当然その逆もありますので注意。

という事で、来週はジャクソンホール会合一本に注目しながら、ほび太なりのファンダメンタルズ分析とテクニカル分析で、来週の豪ドルドル相場を解説していきます。

 

 

はじめに

このブログは、5年目のトレーダーが勝ち始めて2年しか経っていませんが、それでも年間500pipsを維持している為、ある程度、信頼性のある記事だと思っています。 とてもシンプルに書いている為、初心者・更には中級者にも読みやすく書いてあるので、参考にして頂ければと思っています。 

 

豪ドルドル 来週の見通し

 (来週の方向性)

 (来週のテーマ)

以上2つのテーマで解説していきますが、ファンダメンタルズ分析の内容は、豪ドル円と同じなので、詳しくは豪ドル円の記事を見てください。

ただ、ジャクソンホール会合の結果に左右されやすいのは豪ドルドルの方が大きいので、相場の動きには注意していきましょう。

 



豪ドルドル テクニカル分析

では、このままテクニカル分析を解説します。

 

豪ドルドル 日足

f:id:Original23:20210822215422p:image

現在日足は、エリオット波動4波もしくは5波を予想しています。ただし、まだエリオット波動4波が終了したわけではないので、0.73前後の戻り売りに注意して下さい。

 

豪ドルドル 1時間足f:id:Original23:20210822215425p:image

現在1時間足は、エリオット波動5波が終了と予想をしていますが、各ダウントレンドラインを抜かない限り、下目線で見ていきましょう。

 

まとめ

とりあえず、週明けのコロナ新規感染者数の報道には注意していきましょう。

また、コロナ新規感染者数のリスク回避の材料が一服すれば、いよいよジャクソンホール会合の内容待ちになります。

是非注目していきましょう。

 

では、ありがとうございました。