ぼび太のシンプルFX

この記事は、1週間分の各通貨ペアのトレード情報を紹介した解説ブログになります。なるべく初心者の方にも分かりやすいように説明しているので、是非参考にして下さい。

豪ドル円 来週の見通し

f:id:Original23:20210822155053j:image

オーストラリア国内におけるコロナ新規感染者数は現在700名程で、過去最高のコロナ感染者となっています。

その為ロックダウンが延長し、今後の経済悪化が予想される事から、豪ドル売り/米ドル買い。

加えて、日本緊急事態宣言で日経225の落下。その影響で円買いの展開になっている事から、豪ドル円が大きく落下する事になりました。

現時点で、豪ドル買いとなる材料は見つからない事から、コロナ感染者数の増加次第では、更なる豪ドル売りとなりますが、米テーパリングの実施が延長となれば、米ドル売りの展開となり、落下は落ち着くと見ています。

要は、米テーパリング次第という事です。

それでは、今後の豪ドルの動きを、ほび太なりのファンダメンタルズ分析とテクニカル分析で、来週の豪ドル円を解説していきます。

 

 

はじめに

このブログは、5年目のトレーダーが勝ち始めて2年しか経っていませんが、それでも年間500pipsを維持している為、ある程度、信頼性のある記事だと思っています。 とてもシンプルに書いている為、初心者・更には中級者にも読みやすく書いてあるので、参考にして頂ければと思っています。 

 

ドル円 来週の見通し

 (来週の方向性)

  • 日足は、エリオット波動4波or5波を予想している為、引き続き落下目線。
  • 1時間足は、エリオット波動5波が終了し、買い戻しの状況となっていますが、上値が重く、まだ落下の可能性があります。

 (来週のテーマ)

以上2つのテーマで解説します。

 

豪国内のコロナ感染者数

現在、オーストラリア国内での新規感染者は、約700人となる過去最高の感染者です。

その為、リスク回避の豪ドル売り。加えて、日本緊急事態宣言の影響で、日経225の落下に吊られて、円買いとなっているので、豪ドル円が大きく落下しています。

引き続き、感染者数の影響で、豪ドル売り/円買いとなる可能性があるので注意です。

 

ジャクソンホール会合

来週の26日〜28日にかけて開催されるジャクソンホール会合に注目が集まります。

当然、注目所としては、パウエル議長の演説になりますが、パウエル議長は、米テーパリングについて、深い話はしないという報道が出ています。

多分、考えがまとまっていないか、9月の米雇用統計の結果を見てから判断する考えか、または、現状、増加傾向にあるコロナ新規感染者数に警戒し始めている。と言った事が、理由だと思います。

ただ、FRBメンバーの大半が、早期のテーパリングの実施を要請している事から、パウエル議長の1人の考えだけでは突き通す事は難しそうです。

仮に、パウエル議長がジャクソンホール会合で、まだ慎重な考えを持っていれば、短期的な米ドル売りになり、豪ドルが買い戻される可能性があるので注目所です。

 



ドル円 テクニカル分析

ここからは、テクニカル分析で解説します。

 

ドル円 日足

f:id:Original23:20210822194603p:image

現在日足は、エリオット波動4波or5波を予想。一旦、買い戻しの動きになりそうな金曜のローソク足ですが、仮に買い戻しとなっても、80円もしくは、80円以下で戻り売りとなる可能性が強い為、積極的なロングエントリーは控えた方が良いです。

という事で、引き続き落下目線です。

 

ドル円 1時間足

f:id:Original23:20210822195447p:image

現在1時間足は、エリオット波動5波を予想している為、一旦は買い戻しとなる予想をしています。

ただし、1番目のダウントレンドラインを抜かない限りは、短期的な上昇転換にもならないので、ロングエントリーするなら慎重なトレードを。

 

まとめ

オーストラリア国内のコロナ感染者増加で、現在リスク回避の動きになっていますが、この材料が一服した状態で、ジャクソンホール会合でのパウエル議長の慎重姿勢が材料視されれば、豪ドルの買い戻しとなる可能性が出てきます。

また、積極的な発言が出れば、その逆もありえます。

ここから先はどちらに相場が動くか、全くわからない状況なので、テクニカル分析で判断するようにしていきましょう。

 

では、ありがとうございました。