ぼび太のシンプルFX

この記事は、1週間分の各通貨ペアのトレード情報を紹介した解説ブログになります。なるべく初心者の方にも分かりやすいように説明しているので、是非参考にして下さい。

豪ドル円 来週の見通し

f:id:Original23:20210904172624j:image

来週の豪ドル円は、米テーパリングの行方を気にしながら、火曜日に発表となるRBA政策金利に注目していきましょう。

多分、RBA政策金利では、ネガティブ要素な発言が飛び出すでしょう。

それではRBA政策金利をメインに、来週の豪ドル円相場の見通しを、ほび太なりのファンダメンルズ分析とテクニカル分析で解説していきます。

 

 

はじめに

このブログは、5年目のトレーダーが勝ち始めて2年しか経っていませんが、それでも年間500pipsを維持している為、ある程度、信頼性のある記事だと思っています。 とてもシンプルに書いている為、初心者・更には中級者にも読みやすく書いてあるので、参考にして頂ければと思っています。 

 

ドル円 来週の見通し

 (来週の方向性)

 (来週のテーマ)

  • RBA政策金利に注目
  • FOMC会合に注目
  • 豪コロナ感染状況
  • 経済指標

以上4つのテーマで解説していきます。

 

RBA政策金利に注目

FOMC会合の行方も気になりますが、その前に来週は、RBA政策金利の発表があるので、ひとまず、そちらに注目していきましょう。

さて!来週のRBA政策金利ですが、金融大手オセアニアニュージーランド(ANZ)が、来週のRBA政策金利の内容を予想しています。

中銀が計画しているテーパリングは、先送りの決定している。

との予想です。予想というよりは、サプライズ報道ですね!

そう言えば、現在RBA理事会が政策している内容は、どういった内容だったっけ?と思われる方もいるので、改めて紹介します。

 (8月のRBA政策金利)

  • 2024年より前に、利上げをする事はない。
  • 9月上旬まで50億豪ドルの国債購入を実施。
  • 期限後は、11月中旬まで週40億豪ドルの国債購入を実施。

多分、金融大手オセアニアニュージーランド(ANZ)が言っているのは、11月中旬まで週40億豪ドルの国債購入の実施をやめるという予想なんでしょう。

では予想が正しいのなら、何故ここまでネガティブ要素が出ているのでしょう。

答えは簡単!豪コロナ感染状況からの判断なんでしょう。

 

豪コロナ感染状況

8月の20人のコロナ感染状況〜9月3日まで1700人のコロナ感染者を確認されています。

米テーパリングのおかげで、リスク回避になっていない豪ドル円相場では、確認しづらい内容ですが、上記のRBA政策金利では、ハッキリコロナ感染状況の影響が、あくまでも予想ではありますが、しっかり表れていますね。

という事で、今後のコロナ感染状況に注目。

 

FOMC会合

9/23に発表となるFOMC会合に注目が集まります。再来週の為、米テーパリングの話題について、来週は、少し物静かになるイメージでいます。

それでも、今週発表となった米雇用統計の悪化について、FRBメンバーの発言がないので、来週はそこに注目。

その発言次第で、FOMC会合で、注目が集まる米テーパリングの内容や結果を読み取るのも良いでしょう。  さて!

ジャクソンホール会合で、パウエル議長の発言によれば、年内の量的緩和縮小が適切と判断している事から、考えられる縮小時期は2つしかありません。

9月のFOMC会合と11月のFOMC会合です。

当初、8月の米雇用統計の進展が見られ、9月の米雇用統計に進展あるいは、雇用者数が80%を維持すれば、9月のFOMC会合での、米テーパリング実施が濃厚となる予定が期待されていましたが、今週の米雇用統計の悪化で、11月になりそうな米テーパリング。

                                      (前回) (予想) (結果)

米雇用統計 (雇用者数)    94.3     75     23.5

                   (失業率)        5.4     5.2      5.2

 

経済指標

来週は、RBA政策金利やBOC政策、それからECB政策金利にも注目が集まる事から、相場が吊られる可能性があるので注意して下さい。

それ以外にも、注目する経済指標がありますが、多分政策金利が重なる為、相場は政策金利の材料で動くと思い、政策金利以外の経済指標については省略します。

 

ドル円 テクニカル分析

ここからテクニカル分析で解説します。尚、月初めという事もあり、日足で大きな波を確認していきましょう。

 

ドル円 日足

f:id:Original23:20210904230240p:image

現在日足は…皆さんどんな形にみえますか?

これ、ダウ理論ですよね!エリオット波動の基本の考えです。

現状、ABC波と大きな波がありますが、前回は大きな落下だった為、ここから4波の流れになるかは不明。

ですが、先程のダウ理論の法則を考えれば、もう一段階の上昇があっても良い見方ができます。

という事で、まずは今週の上昇から、少し落下した所を押し目とし、チャネルラインを製作したい所です。

そこを基準にして、上昇を狙っていきましょう。

 

ドル円 1時間足

f:id:Original23:20210904230911p:image

現在1時間足は、エリオット波動5波を予想。

とりあえず、このチャネルラインから外れた時点で、落下していくと見ています。

そこまでみていきましょう。

ただ、来週のブログまでには、新しい波動が出てしまうので、その後の相場内容を知りたい人は、別ブログで短期トレードを書いているので、そちらで確認して下さい。

 

まとめ

コロナ感染拡大の影響で、経済が悪化すると思いきや、それを回避する為に、豪政府が財政支出を大幅に追加してきました。

こちらの材料が、豪ドル売りをどこまで制御するかは分かりませんが、もし豪ドル売りが鈍いようであれば、それが原因と思ってください。

 

では、ありがとうございました。