ぼび太のシンプルFX

この記事は、1週間分の各通貨ペアのトレード情報を紹介した解説ブログになります。なるべく初心者の方にも分かりやすいように説明しているので、是非参考にして下さい。

豪ドルドル 来週の見通し(消費者物価指数に注目)

f:id:Original23:20210912165353j:image

豪ドルドルも豪ドル円同様、RBA理事会でのロウ総裁の発言により、短期的な豪ドル売りが目立っています。

来週も、豪雇用統計や中国の経済指標、更には9/23のFOMC会合の材料にもなる、米消費者物価指数や米小売売上高の発表があるので、気を抜けない展開になりそう。

それでも、FOMC会合がメイン材料になって来るので、そこを焦点に置いた相場展開になるでしょう。

という事で、9/23のFOMC会合を焦点にした、ほび太なりのファンダメンタルズ分析とテクニカル分析で、来週の豪ドルドル相場の解説をしていきます。

 

 

はじめに

このブログは、5年目のトレーダーが勝ち始めて2年しか経っていませんが、それでも年間500pipsを維持している為、ある程度、信頼性のある記事だと思っています。 とてもシンプルに書いている為、初心者・更には中級者にも読みやすく書いてあるので、参考にして頂ければと思っています。 

 

豪ドルドル 来週の見通し

 (来週の方向)

 (来週のテーマ)

  • RBA理事会のハト派発言
  • 経済指標
  • FOMC会合に注目

以上3つのテーマで解説しますが、内容は豪ドル円と全く変わらないので、詳しくは豪ドル円の記事を見てください。

それでは、このままテクニカル分析の解説に進みます。

 

 

豪ドルドル テクニカル分析

 

豪ドルドル 日足

f:id:Original23:20210912182521p:image

現在日足は、エリオット波動4波を予想しています。まだ4波が形成中なので、無理なショートエントリーは、避けた方が良いかもです。

その判断は、1時間足の方が分かりやすいので、そちらで見ていきましょう。

 

豪ドルドル 1時間足

f:id:Original23:20210912191930p:image

現在1時間足は、チャネルライン内での波動は、エリオット波動4波を予想しているので、もう1段階の落下を予想。

しかし、大きな目線で見れば、エリオット波動B波の調整落下を予想しているので、将来的には、0.747を超える上昇になる予想です。

ちなみに、現在のチャネルラインを超えるとエリオット波動C波が発動される予想です。

その上昇が、FOMC会合でのリスク回避の豪ドル買いになったりして!って感じです。笑

 

まとめ

RBA・ BOC・RBNZ・ECB理事会もテーパリングを実施してきました。

まぁ〜アメリカと経済状況が異なるので、何とも言えませんが。

ただ、テーパリングを実施してきている国が出始めてきている以上、FRBも、もしかするとFOMC会合でテーパリングを実施するかもしれません。

来週の報道に引き続き期待していきましょう。

 

では、ありがとうございました。