ぼび太のシンプルFX

この記事は、1週間分の各通貨ペアのトレード情報を紹介した解説ブログになります。なるべく初心者の方にも分かりやすいように説明しているので、是非参考にして下さい。

豪ドルドル 来週の見通し

スポンサーリンク

f:id:Original23:20210919141114j:image

来週の豪ドルドルは、豪ドル円同様に、FOMC会合の内容に注目が集まります。

米テーパリングの可能性は薄いものの、パウエル議長の今後のプロセスの内容が気になリますので、そちらにも注目を置いています。

それと、FOMC会合だけではなく、ダウ先物チャートにも注目していきましょう。

テクニカル分析上ですが、少しダウの上昇が鈍り始めているので、今後落下する可能性が十分にあります。そちらも気にしていきましょう。

それでは、上記2つの注目材料を含め、来週の豪ドルドル相場を、ほび太なりのファンダメンタルズ分析とテクニカル分析で解説していきます。

 

 

はじめに

このブログは、5年目のトレーダーが勝ち始めて2年しか経っていませんが、それでも年間500pipsを維持している為、ある程度、信頼性のある記事だと思っています。 とてもシンプルに書いている為、初心者・更には中級者にも読みやすく書いてあるので、参考にして頂ければと思っています。

 

豪ドルドル 来週の見通し

 (来週の方向性)

 (来週のテーマ)

  • FOMC会合の行方
  • ダウ先物の落下に警戒

以上2つのテーマで解説していきますが、豪ドル円と内容は全く変わらないので、詳しくは豪ドル円の記事を読んでください。

では、このままテクニカル分析を解説します。

 

豪ドルドル テクニカル分析

 

豪ドルドル 日足

f:id:Original23:20210919145525p:image

現在日足は、エリオット波動4波の落下目線を予想しています。

仮にここから上昇しても、0.75以下が限界と見て、更に落下する予想をしています。

 

豪ドルドル 1時間足

f:id:Original23:20210919145716p:image

現在1時間足は、エリオット波動4波の落下目線を予想しています。

単純に、このチャネルラインを上抜けしない限りは、落下が継続するのでご注意を!

とにかく、上抜けるまで待ちましょう。

ショートエントリーをしたい人は、チャネルラインの上限に来た時に、エントリーして下さい。

 

まとめ

来週は、とにかくFOMC会合の内容だけに注目していきましょう。

ダウ先物に関しては、結局の所、為替と同じくFOMC会合の結果待ちとなるので、実際は、FOMC会合後のダウ先物の動きに注目となります。

 

では、ありがとうございました。