ぼび太のシンプルFX

この記事は、1週間分の各通貨ペアのトレード情報を紹介した解説ブログになります。なるべく初心者の方にも分かりやすいように説明しているので、是非参考にして下さい。

豪ドル円 来週の見通し(久しぶりの中国関連でリスクオフ)

スポンサーリンク

f:id:Original23:20210926113536j:image

中国恒大集団の負債問題が一服し、FOMC会合の結果により、一旦買い戻しの展開になっている豪ドル円

  • 来週はどんな動きになるのか?
  • メインテーマは何なのか?
  • 今後の豪ドル円はどうな動きをするのか?

FOMC会合が終わったので、改めて分析していこうと思います。

それでは、来週の豪ドル円相場の見通しを、ほび太なりのファンダメンタルズ分析とテクニカル分析で解説していきます。

 

 

はじめに

このブログは、5年目のトレーダーが勝ち始めて2年しか経っていませんが、それでも年間500pipsを維持している為、ある程度、信頼性のある記事だと思っています。 とてもシンプルに書いている為、初心者・更には中級者にも読みやすく書いてあるので、参考にして頂ければと思っています。 

 

ドル円 来週の見通し

 (来週の方向)

 (来週のテーマ)

  • FOMC会合の結果
  • 中国恒大集団の負債問題
  • 米3.5兆ドル歳出法案
  • 経済指標

以上4つのテーマで解説します。

 

FOMC会合

まずは、11月のFOMC会合まで注目が継続されていくと思われる米テーパリングについて。

今週のFOMC会合で、パウエル議長のポジティブな発言が、リスクオンの展開を生みました。内容は以下の通り。

  • 下半期に力強い成長を望む。
  • 労働市場の状況、需要は非常に力強い。
  • 段階的な資産購入ペース縮小の終了は2022年の第1四半期。
  • 資産購入ペースの縮小の時期とペースは、FOMC内で広い支持。
  • 経済が予想通り進展すれば、11月の会合での行動も。

以上のように、11月の米テーパリングの実施がだいぶ濃厚になって来ましたね!又、利上げについても、来年9月に0.25%の利上げが期待されていますが、まずは米テーパリングに注目。

ただし先程も言った通り、経済が予想通り進展すれば!との話が大前提となるので、目先の焦点は、10月と11月の米雇用統計に注目が集まるでしょう。

この内容に対し、豪ドル円は上昇しました。

一体何でだろうと思うかもですが、多分目先の米テーパリングが先送りになった事もあり、豪ドルが、短期的に買われている可能性が強いと見ています。

なので、米テーパリングの実施が濃厚になって来れば、中国恒大集団の今後の経営状況や、豪ロックダウンの影響が、今後経済指標に表面化してくる豪ドルの事を考えると、売られやすくなるのでは?と考えています。

ただし、もしかしたら円売りが強く反応し、豪ドル円が上がってしまう可能性があるので、一度様子見で、米テーパリングの話題が、良い内容で報道された時、豪ドル円は、どちらの方向に動くのかを確かめてからでも、方向性を決めるのは遅くないと思います。

 

中国恒大集団

今週、市場の注目を集めた不動産大手恒大集団の33兆円の負債問題。

現在は利払いをした事で、リスクオンになっていますが、恒大集団に破綻の話しもあるとか?

この話が少しでも前進するような報道がでれば、リスク回避の豪ドル売りの動きとなるので、注意していきましょう。

 

3.5兆ドル歳出法案と1兆ドルインフラ投資法案

来週にも、2つの法案に対し、議会通過を狙うバイデン大統領。

3.5兆ドル歳出法案については、民主党内で反対姿勢を見せる議員もいる為、採決まで行くか不明との事。

この法案が通れば、ダウ先物が上昇し、米ドル売りになる可能性がある為、豪ドル円は、下値をサポートされやすくなります。

 

経済指標
                                         (前回)   (予想)
  • 9/28 豪小売売上高      -2.7      -2.2
  • GDP(確報値)            6.6         6.7
  • 米ISM製造業指数        59.5      59.9

来週の金曜日〜再来週の金曜日にかけて、米重要経済指標の発表が並びます。

11月の米テーパリングにも、影響してくる経済指標なので注目していきましょう。

 

ドル円 テクニカル分析

ここからは、テクニカル分析で解説していきます。

 

ドル円 日足

f:id:Original23:20210926130638p:image

現在日足は、エリオット波動B波の下目線を予想をしているので、82円以下、もしくはチャネルライン内で、相場が動く予想をしています。

ちなみに、エリオット波動B波の終了合図は、下に見えるアップトレンドラインを割る事です。

 

ドル円 1時間足

f:id:Original23:20210926131205p:image

 

現在1時間足は、エリオット波動4波の上昇目線を予想。この後、エリオット波動5波もあるので、上昇は継続すると見ています。

まぁ〜チャネルラインに沿って見ていきましょう。

また4時間足は、この上昇をエリオット波動C波と見ているので、ある程度の上昇を期待したい所。

ただ、日足のテクニカル分析は、落下目線でいる為、一時間足のチャネルラインを出た時点で、落下の準備をしましょう。

 

まとめ

FOMC会合の話題が一服すれば、中国の話題で、リスク回避の円買いの流れになるかもしれませんので、注意していきましょう。

 

では、ありがとうございました。