ぼび太のシンプルFX

この記事は、1週間分の各通貨ペアのトレード情報を紹介した解説ブログになります。なるべく初心者の方にも分かりやすいように説明しているので、是非参考にして下さい。

豪ドル円 来週の見通し

スポンサーリンク

f:id:Original23:20211024114036j:image

RBA理事会議事録の内容や、原油高で資源国通貨の買いの増加、ロックダウン解除が発令されるなど、一気に豪ドル買いの流れになっている今週の豪ドル円相場。

オーストラリア国内は、withコロナを目標に、今後はワクチン接種の更なる増加を目指した評価に、今のロックダウン解除があるのでしょう。

それでは、来週の相場はどうなるのか?ほび太なりのファンダメンタルズ分析とテクニカル分析で、来週の豪ドル円相場を解説していきます。

 

 

はじめに

このブログは、5年目のトレーダーが勝ち始めて2年しか経っていませんが、それでも年間500pipsを維持している為、ある程度、信頼性のある記事だと思っています。 とてもシンプルに書いている為、初心者・更には中級者にも読みやすく書いてあるので、参考にして頂ければと思っています。 

 

ドル円 来週の見通し

 (来週の方向性)

 (来週のテーマ)

  • RBA議事録の内容
  • 米テーパリング期待が継続。
  • 豪経済指標に注目。

 

RBA議事録に注目

今週発表されたRBA議事録に豪ドル買いの流れになりました。内容は以下の通り。

  • ワクチン接種により、経済活動の制御が緩和される予想。
  • 一部の州のロードマップの公開により、経済再開の秩序が明確化。

まだまだ、賃金の鈍化により雇用に期待が持てず、未だ経済の伸びに不確実があると発言しながらも、経済の第一歩として、ロックダウン解除が発令されたことが、豪ドル買い要因となっています。

 

米テーパリング期待が継続

こちらの方は、短期的にあまり材料視されなくなりましたが、中期的には、まだまだ材料視されているので、引き続き円売りに期待していきましょう。

 

豪経済指標に注目

来週の豪ドルに関連した重要経済指標は、以下の通り。

  • 10/27 豪消費者物価指数
  • 10/29 豪生産物価指数
  • 10/29 豪小売売上高(第3四半期)
  • 10/29 豪小売売上高

 

ドル円 テクニカル分析

ここからは、テクニカル分析で解説していきます。

 

ドル円 日足

f:id:Original23:20211024123707p:image

現在日足は、エリオット波動5波の上昇目線を予想していますので、引き続きアップトレンドラインに従いトレードしていきましょう。

 

ドル円 1時間足

f:id:Original23:20211024124332p:image

現在1時間足は、エリオット波動4波の調整落下を予想。エリオット波動4波の終了示唆は、ダウントレンドラインをうわ抜けるか、もしくは84円のサポートラインで、上手くサポートされる事が確認でき次第、ロングエントリーをしていきましょう。

 

まとめ

しばらく円売りが継続していくと見ているので、経済に不確実があるのに何故?とならずに、現実の円売りに目を傾けていきましょう。

 

では、ありがとうございました。

 

ほび太より

ここまでのご視聴ありがとうございました。 よろしければ、読者ボタンも押してくれると嬉しいです。